[ ホーム ] [ ナンシー紹介 ] [ フランス窓辺写真集 ] [ アールヌーボー ] [ グルメ・レストランなど ] [ フランスの色彩&雑貨 ] [ ナンシーで留学 ] [ プロフィール ] [ 日記 ] [ ヨーロッパ旅行 ] [ 京都旅行 ] [ ジャポニスム ] [ りリンク ]

IZUIZU近況コーナー

更新の仕方を忘れていて2年の月日がたってしまいましたがお元気でしょうか? こちらはすっかりナンシー市民になりきっていました。

先日おいで下さったM夫妻と同行して、また日本の暖かい皆様とナンシーで楽しい一時を過ごしたい、やる気満々になってきました。

新しい皆様との出会いがあることを、楽しみにしていますので、ご連絡くだされば嬉しいです。
9月からはハム太郎も幼稚園2年生で午前、午後と邪魔物(笑)はエコールに預けられまーす。

2006年2月9日 (今さらながら。。。)

 新年おめでとうございます♪ 皆様お元気ですか?
 旧暦ってありがたいですね。 テンポがずれてる人向きだわ〜。

 2月になってやっと心の余裕ができ、過去を振り返ってみたくなりました。
(というか今日も下から雪が降るような風の強い悪天候、ベビーカー運転手は出動不可能、家で待機状態が続いています。)

昨年のキーワードは「移」。 放浪の民のごとく引越し&長旅が多くしんどかった・・・・今年の抱負は「やりたいことをやる」。簡単そうだけど、意外と生真面目者には難しいのです。引き篭もった生活が、脱皮(脱走?)したい気持ちにさせているようで、春が待ち遠しいです。 本年もナンシー情報、小出しに発信しますので、お付き合いくださればうれしいです。 よい年になりますように!

11月9日(水)We are 引越貧乏・・・ナンシーきて第三次引越戦争が勃発しそうです。 外国のアンティック絵本でも集めたいと思っていたのも束の間、コレクションという言葉は引越しの時には重く感じすぎて、あっさりダンボール集めにうってかわってしまいました(涙)。 さて引越し先は、ナンシー派美術館の近くで綺麗なアールヌーヴォーの建物に囲まれているところなので、少々ワクワク。 アパート内にはステキなステンドグラスがあるので、ご興味のある方は美術館まで来たらお茶でも寄って見に来てください♪ 通行手形は、日本からの和菓子で大歓迎です! といってもこれから忙しくなりそうなので、一ヶ月ほど日記、お休みします。 その間、ご近所アルザスグッズのHPショップを、ドイツのお友達が作りましたので、是非覗いてみてくださ〜い♪ http://www.rebenlaube.de/ それではしばしの間、お元気で☆

10月20日(木)約一ヶ月ぶりの更新ですが、実は週一、午後だけお手伝いさんがきてくれることになりました。こういうのに慣れてないせいか、彼女が来る前に掃除したりお茶&お菓子を出したりして、すでに茶飲み友達になってしまい用を頼みずらくなってしまいました。。。やっぱり楽しいけど断ろうかな〜・・・。人にお願いする、ってお金を払っても難しいものだと初めて悟りました。何かお料理でもおしえてもらうようにしよっと!

9月23日(金)晴れの日もあれば雨の日もある、っていうけどずっと嵐でした・・・・もちろん天気のことじゃないです。 全てはコアラ化した暴れん坊ハム君のせいです。。。(なのにベビーカーにいれると眠れる森のハムになる・・・)外でねないで家で寝てくれ〜!と毎回ギャグやってるみたいで疲れすぎて笑えてしまいます。 そんなこんなでお礼をしなくてはならない方々にご連絡をまだしていない状態です。。。お心当たりの方、どうぞお許しくださいませ。。。。。

9月8日(木)ハム太郎がやっと普通の手焼き加減になったので、まだ旅の記憶が消えないうちに思い立ったまま変な日本語で書いてみますぅ。行った先は・・・・花のフィレンツェ♪ でも初めてじゃなかったし特に思い入れのない町なんで期待無しで行ったけど、「よ・か・っ・た♪ウットリ・・・☆」なにが良かったかというと、やっぱり「出会い」。 初めて会ったのになぜか懐かしいような沢山の人との出会いがありました。
ではまた箇条書きスタート!(読むのタルイ方は割愛して下さい)

★電車内で:何言ってるのかさっぱりわからないフランス人の10才の女の子の双子ちゃん。3時間ずっとルールのないトランプ遊びをつきあわされた・・・
★電車内で:ダビデ像そっくりの美形、イタリアン・ガイ。 美形の上に爽やか穏やか&にこやか。ハム太郎とビニール袋で遊んでくれたお姿が神々しかった。 ああ、爪の垢もらっておけばよかった・・・(ダンナ用に)
★Y先生の奥様・・・観音菩薩のような優しい目にハム太郎はすっかり吸い付いてしまいました。 やっぱり目は心のマナコ、って改めて実感。(こちらの爪の垢は私用だわ)
★橋の上でナンパしてくれた(笑)自称65歳の好色イタリアン・ジイ。でも温かい感じでスケベ度が消され高得点ゲット。
★うらぶれた昔ながらの地味ながら味は良し。のトラットリアのみなさん。寅さん映画のおいちゃんおばちゃんとその息子たちがやってるようで、足を踏み入れただけでなぜかそのオーラに感動・・・
★ホテルのみなさま:毎朝朝食時、ワタクシ、日光サル軍団の校長とオタケビ猿を温かく迎えて下さり謝謝。そしてルー大柴のようなしゃがれた声で喋り捲るフロントマン。夜、疲れて帰るのに、最低20分はフロントで止められしまったけど、でっかい丸い目が面白かったです。
★最後に、絵かきの(これもうらぶれた)おじさま・・・この人とは本当に会えてよかった・・・まだお互い多くは語り合わなかったけど(当り前か!)絵を教えてもらう代わりにお世話したい、なんて勝手に愛の師弟関係を夢みてしまいました〜。でも「山に住んでる、自分はお金が無い」ってポツリと言ってたのが哀愁一杯でした。 でもしっかり住所交換してきました!

ということで、フィレンツェ行ったのに、美術館は一つもみませんでした!(あ、でも考古学博物館はいきました♪)〆の感想・・・やっぱりイタリアのパンはまずいしお菓子はマンネリ・・・イタリアさん、こっちの方もっと頑張ってほしいものです。 とりあえず、ここまで〜。ハア、長くなちゃった。

9月?日(日)すっかり日にちがわからなくなりましたがナンシー戻りました。ご連絡しなくてはならない方々がいるのですが、ハム太郎が中耳炎おこして高熱続きのためアマアマ抱っこちゃん人形化してしまい自由な時間が取れない状態です。 しばしお待ちくださいませ・・・

8月15日(月)暑中お見舞い申し上げます。 と言ってるワタクシは、あんまりヒンヤリするんで今日暖房をつけてしまいました。 6月、馬鹿みたいに暑くて8月がこんなに寒いなんてもうナンシー旅行を計画してる人は夏の気温は想像つかないですね。 てなことで太陽探しに明日から31日まで燃えてるイタリアに行ってきます。泥棒さん、31日まで留守してるんで、家に入ったらついでに部屋の掃除もしてってね〜。

8月9日(火)フランスでも広島の原爆関係のTV番組がやっていました。 久々に泣いてしまいました・・・・。 そして決断: 「米語=英語はもう話したくない!(っていうか話せなくてもいいや!が本心)」。 あんなムゴイことされて、な〜んでうちらが英語を勉強しなきゃ〜ならんの? と原爆を忘れないために自分だけの地味な(?というか楽な)抵抗というか主張をしてもいいかも・・・と思いました。 英語が共通語ではありますが、みんなが多数派に流されなくてもいいんじゃないか・・・と・・・(かなり言い訳っぽい) まあ、まずは母国語を見直してみたいのですが、最近はネットで「サクッと映画をみる」なんて文を読んだけど、そういう使い方ってアリなんでしょうか・・・?クッキー食べる時に使うだけじゃないのね、サクッて・・・・嗚呼何年日本を離れているんだろう・・・これも言葉の進化なんでしょうか〜。。。

7月26日(火)相変わらず進歩がない・・・あるのは食欲ばかりで動物霊がのりうったようにむさぼり食いしたい・・・特にケーキワンホールかぶりつきたい・・・他には、前から迷っていて、やっと買うときめたものを買いに行くともう売り切れとか、(一昨日まで沢山あったのに〜)等等で、なんだか空回りばかり・・・見えない力で遮られてるって感じかな・・・それとも流行の大殺界とかなのかなぁ。。。でも子どもが泣いててもパソコン向かうとちょっと救われる気がします。 罪悪感も大有りですが・・・

7月24日(日 曇り&肌寒い)まずは昨日の東京大地震、皆様ご無事ですか? ヨーロッパはテロの不安、東京では関東大震災の再来の恐れ・・・・心中穏やかでいられません。 しばらくはエレベーターに乗るのも嫌ですね。 怖がるばかりじゃなくて対策を考えなきゃ・・・と思いながら、日が立つと忘れてしまうのが常です・・・。

7月23日(土)何がマジメかといったら・・・「引越しの最中に凝った料理を作る」、といった日々を過ごしています。 でも私が食べる分だけ。 アカンボのせいで家の中は、引越してきたばかりのようにグチャグチャ・・・・でもなぜか食事だけは手を抜けない。 そしてお腹一杯になるとダンナの分を作るのが苦痛・・・そして当然洗い物の山・・・他の家事に移れない・・・頭の中では、外食やテイクアウトで手を抜かねば、と思っているけど、乳をだす本能が邪魔しています。 精神衛生上はかなり悪いです。 なーんてそんなにすごい料理じゃないけど、肉厚赤ピーマンをじっくり焼くペペロナータにはまってます。

多分7月17日(日)やっぱりワタシはマジメすぎるのかもしれない・・・・続きは明日・・・・

7月14日(革命記念日)ということで只今夜11時半でも花火が上がってる音がしています。フランス人にとっては大切な日だと思うけど、全く共感を感じられない自分が浮いています。やっぱ、他人事〜って感じです。 それより宵っ張りのアカンボがやっと寝た所で、夜中の爆竹はやめて、ペルファボーレ、じゃなくて、シルブプレ。 なのです・・・・ここは中国じゃないんだぞー!(疲れてる・・・)。

7月7日(七夕さま) 復活しました!  かな-り空白の時間がすぎましたが、皆様お元気ですか?相変わらずメールが滞っていて申し訳ありませんが、欧州を襲った6月中旬からの酷暑でフラフラでした。 (最近はやっとヒンヤリしてきました) まずはこの暑さの犠牲となったY先生、H様、ご無事にご帰国なさいましたでしょうか? また懲りずに遊びにきてくださいね。 まず空白時間に書けなかった事を箇条書きしてみます。

例年パリとナンシーは6月の第4金曜日にバーゲンが開始
★バーゲン前にナンシーサンマリー公園で大きなフリーマーケット
★パリにある美味しい紅茶の店、Le Palais des Thesもナンシーにあることを発見(H様情報)
★友がみな羽ばたいて取り残されて焦りを覚える→子育て怠り不注意→ハムに被害=危険度大
★今後の課題1:短い時間で簡潔&的をえた文を書けるようにする
★今後の課題2:取り続けているステンドグラスの写真を公表する
★今後の課題3:整理整頓&収納術&時間の使い方についてレクチャーを受けたい
★郵便局にこまめに行って日本に荷物を送る&綺麗な切手を買っておく
・・・・・・・なんて書き出すとキリがないので今日はこの辺で・・・・あ・びあんと!

5月12日(木)なかなか日記がかけない日が続いているので、一ヶ月位ちょっとお休みします・・・ナンシーにきてマジョレル邸&ナンシー派美術館行く方、タイルに興味があれば Michel Joly 氏のアトリエを覗いてみてもいいかも・・・手書きタイルが少々売ってます。住所は18rue de Villersです。町の地図はホテルや観光局でもらえます。この季節は気持ちいいのでペピニエ公園のバラ園お勧めです♪

4月29日(金)子供に遠足のお弁当を作る約束をしていたお母さん、そしてそのママの帰りをまっていた坊や・・・予想外に愛する人を残してあの世にいく思い・・・そして突然愛する人を失う悲しみ・・・こんな辛いことが降りかかってしまうなんてやっぱり神様はいないの?被害者の方々はこれからどんな風に生きて行くの?
どうして?どうしたらいいの??IZUは宗教家でもないけど、多くのクエスチョンマークが次々浮かんで、一人で解くには難問すぎます・・・・。 

4月24日(日)ジジババもいなく、父ちゃんも帰りが遅いので、母ちゃんとハム太郎は二人きり・・・そんな中、母ちゃんがPCに没頭するとハムちゃんにクラ〜イ陰が・・・そんなわけで日記もお休みモードです。 不義理をしてる方、お許しくださいませ。 かに座の女&年寄りっ子なんでまずは母性愛&母乳出し切ってみようと思います。(いつまで出ることやら〜・・・・)

4月4日(月)3月23日の日記を途中で書いてる内に、「最近愚痴ばかりだから、何かもっといい文体で、いい言葉で・・・」「でもフランスに住んでることを自慢みたいにとられたくない・・・だってフレンチよりイタリアンが好き♪濃いラテンがいい〜♪(うちのダンナは別として)」 「でもフランスの中なら、ナンシーでよかったな。ていうかモロ・アタシ好みの町かも・・・」「でも通り一遍で味わえる町じゃないんだな・・これが・・・」などなど考えているうちに「フ−ム・・・」と分自身が固まったかと思ったら  bebe爆弾戦争勃発、日々迫ってくる産後のかなり卑猥な局部運動療法20回攻め(日本じゃこんなことしないのに・・・)、エトセトラ−エトセトラ−と下らないこと盛りだくさんの日々でした。 最近ナンシーの問い合わせが最近また増えてきていますが、東京江戸博物館でガレ展をしているせいでしょうか・・・?いいことですね☆ (でもガレよりドームの方が色が綺麗で繊細で女性向きかも・・・)美術館&マジョレル邸に行く予定のある方は、近くに手書きタイルのお店があるので、覗いてみても面白いかと思います (詳しくはまた日記に記します。) 話はちがいますが、左の腱鞘炎治ったら、今度は義理堅く右になりました。そしてサマータイムになったから8時すぎても明るいです☆

3月23日(水) 自然の力はやっぱりすごい!!先週からの暖かな春日和で、何か行動しなくては・・・という気になってきました。 タイガーバームさまさまのお陰で腱鞘炎もよくなり、2,3日続いた胸のゴリゴリもなくなったので7キロのハムを背負って、遠回り乗り継ぎバスでセンター界隈を高い視線で見てきました。(これが結構楽しい♪)アパートの窓辺鑑賞にはもってこいだけど、一日券がないのが玉にキズです。 

 3月10日(木)すっかりご無沙汰してしまいましたが、あいかわらず動物の原点に返ったような生活をしていました。(胸に子供がくっついたまま食べ物を探す疲れたニホンザルをイメージして下さいませ) そして、前回からの自己との会話「この年で子育てはキツイのか、それとも自分に自己管理能力がないのか?」 答えは両方ともYesと分かりました。 でもでも語ると長くなるけど、フランスは日本ほど便利ではないのです〜。信頼できる「お惣菜」がないような気がして〜。。。。(今さらヤコブ病になりたくないし)そして左手首が腱鞘炎になってしまい、CDを左手でケースから出し入れできない&まつげのビューラーを左手で使えない痛さです。 そんな中、懐かしい方々からのメール、ありがとうございます☆ ドンドン滞ってますがお許しくださいませ。 

2月22日(火)週末からちょっとしたスランプ気分でメールのお返事も滞りっぱなしで皆様スミマセン・・・・こんなんでいいのかな〜と自己との会話で精一杯、そして今も答えは出ていません。土曜日には一面真っ白雪景色で今日までチラチラ寒く、また引篭もり生活、食う寝る授乳に付け加え、一日の大イベントは入浴、もしくは洗濯。 せめて毎日、ささやかなイベントを一個ずつ増やしていくようにしよう。 と、ものぐさ太郎並の生活を、わかっちゃいるけど止められない状態です・・・。本来なら週末からナンシーを案内したい人もきていたのに・・・とつい横目でハムを見てしまいます・・・・ごめんね。モンべべ。こんな怠け者にならないでね。

2月17日(木)イタリアのことわざ 「全てのゴキブリにその母あり」=ゴキブリの子でもその母にとっては最高に可愛い。または可愛いと思ってるゴキ子でも他人からみればみな同じのゴキブリにすぎない。IZUも、赤子を生でみる機会もほぼなかったし、赤ちゃんなんて興味なかったけど、これが観察するとオモシロイ! 親バカを戒める教訓を踏まえた上、書いちゃいますが、私はハム太郎がよくする親指の先を人差し指と中指の間から出すコブシや、小指から人差し指までみんな同じ長さみたいな指がいとおかし。です。 赤ちゃんを顔だけで判断するのはやめましょう。 ナンシーの皆さんみにきてね☆

2月15日(火)雪のふるまちを〜♪と、テクテク、さむーい日曜日、インフルエンザで死にそうなうちの管理人のために薬を買いに行ってきました。フランスの病院はいつも予約制だけど、こんな風に高熱が下がらない時は止むをえず、「SOSドクター」というシステムで医者を呼べば3時間以内できてくれます。でも診察料は高いうえ、薬はもらえず処方箋だけです。 そして教訓:「急病になるなら日曜日はさけること」 処方箋かいてもらっても薬局は町で一軒しか開いてないで〜す。 

2月9日(水) 旅ボケ、旅疲れ、私はだーれ?ここは何処?状態です。 魂がこの世とあの世をさまよっているようにに、ナンシーと日本をさまよって地に足がついていません。 心ここにあらず。です。 (っていうか単なる時差ボケ)ボーっとしてる中、産後の整体のスケジュールがびっしり詰まっています。 ゆるゆるとメールもお返事いたしますのでご了承くださいませ。

1月11日(火) 女のお乳はストレスに敏感。 昨日は子連れでストラスブールの領事館に行く大切なアポがあり、早朝列車の切符も買って、ダンナも休暇をとったけど、フト気づいたのは、領事館は日本の祝日が閉館日・・・領事館の人がフランスボケして成人の日は15日だと思ってるんじゃないか・・・果たして行ったはいいが閉まってたら・・・と、おとといの夜から心配になったら、乳が詰まって出なくなってしまいました〜(涙) そんなんで夜中ハムは泣き止まず、「どうなってもいい〜!」で、豆乳を100cc飲ませてみたらゴクゴク一気飲み。なーんてことなくまだ生きてます。(粉ミルクより楽☆) 結局開館でしたが、かな〜り、ストレス疲れになってしまいました。 やっぱりリフレッシュ休暇 「旅に出ます。探さないで下さい。」 が必要のようです。 てなわけで、このコーナーもしばらくお休み致します・・・2月過ぎに再開しますので、それまでお元気で☆
(ナンシープチ情報:気温7度くらいで寒くないです。12日からバーゲンで〜す♪ストラスブールは月曜日休みの店多かったな・・・) 

1月5日(水)2005年新年早々TVニュースは悲惨な映像ばかりで、「つなみ、つなみ」という単語だけが耳に残ります。 そうです、ご存知だと思いますが「津波」は国際語のようでフランスでもそのまま「つなみ」なのです。(ちなみに、「ごま塩」も国際語?)この日記を書くようになってから、次第に 「誰がここを読むかな・・・」と思う癖がついたようで、スリランカの人がもし読んだら・・・と思うまでに至ってしまい、自分の馬鹿話を書くのは不謹慎なような気がしています。(あわれんでいる割にはまだ募金すらしてない・・・私って偽善者でもあったんだ・・・) そんな中、今朝日本の母は最近自作の短歌を教えてくれました。「パソコンの 画面にそっと ふれながら まごのぬくもり 一人悦なり」 まだ見ぬ初孫の写真をPCでみている母も、いとあわれなり・・・皆それぞれ大小様々な「哀れ」を抱えている・・・IZUの身近な人から、それを緩和できたらいいな〜、もっと強くなりたいな〜、とりあえずビタミン剤でものんでおこう。 と思った年明けでした。

12月31日(金)本年は多くの方々に大変お世話になりました。 ナンシーで出会った皆様、こちらの友人、メルトモの皆々様、感謝の気持ちで一杯です。 なのに、音信普通&不義理をしっぱなしで申し訳ございません・・・。 スマトラ地震の映像を見て、お正月気分は一掃、一日一日生きていくのがどんなに大変で大切なことかかみしめている毎日です。 ちなみにIZU家も胸から離すとわめきだすべべ爆弾を抱え、先日やっと終わった天井工事のため半端じゃなく舞い上がるホコリとゴミとすっちゃかめっちゃかのカオス状態です。 (1800年代のアパートのため天井が薄く、上階住人の足音防音のためゴミ布団の再利用のようなクズを天井一体に入れた工事だったのです。でも効果は無い・・・涙) そしてダンナの職場PCが故障のため、早くから休暇をとっているので長いこと昼&夜のおさんどんでもう限界・・・・・さらに今、トマトパスタを食べようとしてひっくり返してしまい頭の中真っ白・・・全て言い分けとわかっていますが、こんな状態、想像してご理解いただけたら恥ずかしいけど嬉しいです。 月並みですが皆様にとって良いお年になりますように・・・来年はもっと器用に生きてみたいです・・・・

12月22日(水) 一体ナンシー何回目の冬を過ごしているのでしょう・・・以前、3回目の春、って書いた気がするので、今度の春で4回目?そろそろ私の中からナンシー臭さがプンプンしてきてもいい頃です。 ナンシー臭さって?「タンスの中にしまいこんだ大昔のいっちょうら、ナフタリンの匂い」・・・または「今は誰も着ない祖母の着物の匂い」・・・? 匂いというより、一人静かに歩いている時、フトした小道で風が語りかけてくる・・・そんな雰囲気を感じさせてくれる所です。 こんな場面をもっともっと発見して心のシャッターに残していきたいです、もちろんwith you again ★ ナンシーでお会いできた皆様、またいつかお会いする予定の皆様、どうぞよいクリスマスを! ☆

12月17日(金)メールが滞っている理由の一つに20日までをメドとしたちょっとした建築関係の翻訳のお手伝いをしております。 アールヌーボー建築はIZU自身も勉強したいので苦ではないけど、頭が悪い上、日本語のキャパが少なすぎて簡単な単語でもいちいち辞書を引いて時間がかかっています。 例えば「エッセンシャル」って日本語にすると・・・?ん?てな調子で、沢山の語彙がパッと出てこないのです。 そんな中、我が左胸がゴリゴリ固く張って血の乳がでてしまいました(下半身が終わったかと思えば、今度は胸ですか〜って感じです〜涙) ハム太郎&PCキーボード&辞書&搾乳器を同時にあやつれる千手観音になりたいです。 でも一昨日はナンシーアテンドした方からう、心のこもる物が届き大変励みになりました。 何かというと、ご自身がパリでお撮りになったアールヌーボー建築写真にコメントをつけてお手製アルバムにして下さったのです★ さっそくナンシー判アルバムを作ってお礼したい!!と新たな意欲がでました!手があいたら作ってみたいです、お待ちくださいね〜うずうず♪

12月13日(日)土日はハムの世話以外に昼食も作らなきゃならないんで自分のことが全くできず、今やっと8時半、9時の夕飯前の5分だけ、PCの前に座っています・・・本当はやりたいことがあるんだけどママならない、はかどらないジレンマ・・・・昨日ナンシーに来た方とも連絡とれず仕舞になってしまいました。といってもまだ外出は出来ない状態です。 本当にメールが滞ってスミマセン・・・ぐすん・・・ 

12月?ハテ何日・・・?金曜日っぽい?女は黙って中華三昧(広東風手打ちノンフライ麺たべたいな〜)、じゃなくて本能流子育て三昧中で、ますます世捨て人化しています。 日本の母に「なりきりなさい」と言われるけど、考えることは 「夜景の見える高層ビルのバーのカウンターでダンナ以外の人とカクテル飲むようなことがこの先あるだろうか・・・?」です・・・(かなり馬鹿) でもブヨンブヨンの腹が邪魔してま〜す。

12月6日(月)土日はハムの泣き声でダンナは男のヒステリー、IZUもそんな夫にホトホト愛想がついてムッツリ状態・・・・そして今、このページを開いて、タイルの展示会があったことをすっかり忘れていたことに気づく・・・もう完全にペースはわがままハム太郎に握られています(下に下ろすと泣く・・・)授乳の時には、オネイさん座りから、あぐら、と色々座り方を変える度に切った縫い口が、パカッパカっと開いてまた出血(イタ〜イ)・・・夜中はむせたように苦しそうに手足バタバタ・・・ハァ・・・全てに鈍感になった方が気が楽のようです・・・。ちなみに昨日の夜はサン・ニコラのパレードがあったそうな・・・TVでやってました〜。

12月1日(水)巷はクリスマスでルンルンなのにIZUは、「毎日毎日オイラは鉄板の〜♪」 の泳げタイヤキ君じゃないけど(古〜い)毎日パジャマで同じ事の繰り返しです。(ラジオの深夜放送だけがお友達) 例年はもう日本に帰っているので12月にここにいるのはこれが始めてですが、一日中暖房入れて引篭もっているので外が寒いか暑いかも分かりません・・・ でも3,4,5日は近くのタイルのアトリエで展示会があるので、それは頑張って見に行ってこようと思ってます。 ★☆★で、ノエル市は24日まで続くそうです★☆★

11月29日(月)本調子じゃない中、授乳とオムツ替え、そして食事の支度・洗濯に追われていく・・・メールのお返事も書けず、これじゃ遊びたい盛りのヤンキーママじゃなくてもプッツンしてしまいます。 そんな時は、親のいない可哀想なチンパンジーの赤ちゃんのお世話をしていると思うとイライラも鎮まります。 (うちのハム太郎は常にオムツから香ばしい匂いがしてまさに動物的) ナンシーは先週末からイルミネーションが点灯し、クリスマス市も立ったそうです。 この時期は恋人同士で来られるのが理想ですよ!ネ、○子さま!IZUはロマンチックとは無縁ですが、早く挽回したいもので〜す。 (それより今ぐっすり寝てて夜がこわ〜い)

11月25日(木)親親戚は全然来ないけど、前回アテンドした方々が、また来年ナンシーに行くので赤ちゃん見せてくださいね♪というメールを頂くとつい、目頭がジーンと・・・。そして2回目の方には2回目なりの所をご紹介したいと考えています。 またこの引篭もり状態を利用して今まで撮り続けたステンドグラスやアールヌーボーのデザインもまとめたいし、ナンシーの歴史や建築のことも少しは学ばないと・・・とちょっとだけ前向き気分になりました。 これもナンシーに来てくださった皆様のおかげです☆ナンシーに遠い親戚が住んでいる、と思ってまた遊びにきてくだされば嬉しいです♪

11月23日(火)外国に住んで出産する事は珍しいことではないけれど、産まれたての初孫を(大の飛行機嫌いの)親に抱かせあげられないのは、かなり酷です。 親は、「夢でハム太郎を抱っこした」なんて泣かせるようなことを言うし、ハム太郎も、鬼太郎の目玉のオヤジのようなWEBカメラが、バアバと思っているようで、全くフランス暮らしを恨みたくなってきます。 きっと私だけじゃなくて外国に住んで、これから妊娠する友人達も同じような気持ちになるのかな・・・と思うと同じ身の上、お察し致します。 それにしても、フランスで出産する芸能人は華やかそうだけど、何が私と違う〜?と疑問を抱く今日この頃です。

11月22日(月)体はまだまだ&ハム太郎は夜行性(夜はベットの中で元気一杯、昼間はグズってる)&タダでさえ滅入ってしまいそうなのに、天井工事をしたら普段居るところの電気がつかなくなってしまいました。(こんなんでメールのお返事ができずスミマセン・・・)スタンドだけで暗〜い雰囲気の中、ハムは起き掛けに、我が子とは思えないほどブサイクな顔でコロッケのモノマネオンパレードのような百面相(コブシを握ってる五木ひろし→ハアハアいってる森進一→ちあきなおみ)をして里帰りのできない哀れな私を笑わせてくれます・・・(涙) 早く歩けるようになって寿司屋にデッチ奉公に出したいで〜す。

11月19日(金)皆々様お祝いメールありがとうございます☆あいかわらず、股がいたく、オッパイ大好きのスケベ・ハム太郎に噛まれっぱなしで、メールができず半ノイローゼー状態です。 ハムは日々、高木ブー化して、本当は「レオナルド」とか「ミケランジェロ」って名前にしたかったけど、外国名をつけずに正解かな・・・と思っています。それより外人夫と外人姑には「産後の肥立」というのは、怠ける口実にすぎない世界のようで悲しいです・・。(昨日は家の天井工事をやられました・・・こんな体なのに〜)出産前に歩きまわって楽しんでいた頃がなつかしい・・・・26日からはナンシーにクリスマス市が開く予定だそうです。早く馬鹿買いしたいで〜す。 お、今、突然あられが降り出しました。 早くもナンシー初雪です。

11月15日(月)予定よりかなり早く、皆様のおかげでXデーを迎えることができました☆ 5日朝6時に破水&おしるしで即、緊急入院、6日にモルヒネの注射を打ち、7日に無理やりほじくり出されIZUの第一子「ハム太郎」が、ひっぱり出されて生まれました。  そして一昨日土曜日午後退院しました〜。 フランスは無痛分娩だから楽勝と思っていたらなんのその。 出産ラッシュアワーで分娩室ひとりぽっち状態や、助産婦、麻酔医師がそれぞれ言うことが違うなど、思っても見ない大パニック、出産ギリギリまでダンナと喧嘩で泣きわめき、行き当たりバッタリ、ドタバタ喜劇のようで、生まれたてのハム太郎は「ヤバイところに出てきたな・・・」みたいな表情でした。 フランスで出産は費用がかからないけど、もうコリタ〜というのが正直な感想です。 またこんなにほじくられるものだとは知らず、まさに 「産褥」、身も心もズタズタ・・・・下半身集中三重苦、股に力が入らず、入院中はベットが高くて登り降りも一仕事、今もまだまだ体がボロボロですが、ナンシーでお会いできなかった方々(日本食どうもありがとうございました♪)、 メールを頂きっぱなしになっている方々、赤ちゃんシートをおかりしているY子さん、その他皆々様、体が回復し次第ご連絡いたしますね。  日記もじょじょに再開します。 まずは皆様にご報告とお礼まで・・・・・感謝の気持ちをこめて・・・・☆

11月4日(木)休業ギリギリラストスパート、皆様によいお店を紹介したく、さらに自分のお腹に投資(?)で、レストラン・ランチ開拓に燃えてます。 今日は気になっていたスタニスラス広場近くのgustave simon通りのMarlieというレストラン(15ユーロで前菜、メイン、デザート付き)に行ってきましたが、感動ものではなかった上、量は少なめ、さらにウェイトレスの感じが悪くて△。 美味なフレンチを追求するには、やはり10ユーロ代では難しい・・・と悟る今日この頃です。(当たり前?) でもその手前のFenetre sur courという小さな可愛い雑貨屋さんはマダムが御洒落で感じがいいので、覗いてみてくださいね。 隣は大人でも欲しくなってしまうようなフランス製のオモチャ屋さんもお勧めです。 プランタンデパートもクリスマス製品並んでました〜。 ナンシーで美味しいレストランにありつけた方、ご報告くださいませ♪

11月3日(水)早々と休業宣言したけど、まだ生きてます・・・先日お出で下さったH様。楽しかったですね♪ リヨン銀行前のスーパーSHOPIで一キロ7.50ユーロの干しイチジクが、計ると2.5ユーロで二人で再度沢山買っても100円ほどで美味しかったですね!(でも入れ歯の方は種の粒々が隙間に入ってしまうかも・・・)St.Dizier通りのeurodifという洋服&生地屋の上は、6〜20日までX'masグッズを販売すると広告が入ってました。 マルシェ前のMaisonなんとかという雑貨屋もそろそろX'mas用品で一杯になるはすです。日曜・祝日にあたってしまう方は、美味しいパン屋さんで買い物ウップンを晴らして下さいませ。 スタ二スラス通りの(広場を背にして左側)、ナンシーMusicという楽器店の前の小さな赤い建物のパン屋さんは菓子パン・キッシュも美味しいです☆ 気候はそんなに寒くなくいい感じで〜す。

11月1日(月)突然ながら今日から一ヶ月ほど休業宣言させて頂きます。
メールのお返事もできなくなりそうですがご了承くださいませ。
どうぞ皆さまお元気で、おぼわ〜☆

10月29日(金)明日、明後日とまたナンシーにいらっしゃる方とお会いするのが楽しみです。 最近はナンシーが人気のようで、朝起きてから4,5人の皆様とメール連絡三昧、ちょっと仕事をしている気分で、家の中のことはなーんもやってない状態です。「24時間働けますか?」って昔リゲインのCMがあったけど、以前秘書業をしていたこともあり、手落ちがないかメールをしてる夢をよく見ます。 で、フト鏡をみると眉間にシワが・・・ヤバイ、と思い、早速マドンナご愛用のドイツのDr. ハウシュカの化粧品の6品お試しセットを買ってきました。 さて効果のほうは・・・? そんなことより明日の夜中12時に冬時間になり時差が8時間になりますので、フランス在住の方は学校いくのに気をつけてくださ〜い。 そしてメールお返事は月曜日までお休みするかもしれませんのであしからず・・・(でも読みマース)

10月27日(水)遅ればせながら地震お見舞い申し上げます。 ネットの新聞で行方不明になっていた母子救出ニュースをよみ、胸がいたみます・・・・ここで馬鹿みたいな浮かれた事を実は書いていましたが、日本の危機緊張感が伝わってきて省きました。  一番大切なものって・・・? やっぱり人命、明日は命がないと考える名著「はがくれ」を読む思いで身と心が引き締まりました。 IZUは飛行機乗る前もしんみり、こんな気持ちになってしまいます。 日頃から万事を尽くしておけば少しは肝が座るものでしょうが、いつもアセアセと空回り状態・・・つくづく反省です。 

10月25日(月)IZUはフランス人がどんなオシャレな暮らしをしてるか興味深々♪だからお呼ばれされるのが大好き。(でも滅多にない・・・)  昨日はダンナの同僚宅にお茶に招かれ、いそいそとケーキを多めに買い、しっかりデジカメ持参で行ったものの、足を踏み入れたら 「なんかちがう・・・」 そう、奥さんがいなかった〜(涙)離婚して 父子家庭、やっぱり女性のいない部屋はつまらな〜イ☆ でも子供達はいたって明るく、パパ家、ママ家を行き来しているようでした。  インテリアのエスプリは垣間見れませんでしたが、親の離婚は日常茶飯事と明るくわりきってる子供たちをみて、こういう子供達がフランス社会を築いていくんだな・・・と妙に納得。 というか離婚=子供がフビン、って風潮より、愛を優先する国民性なのでしょうか・・・いくつになっても惰性に流されないってやっぱりかっこいいな〜。

10月22日(金)熟年マダムたちは本当によく歩きながらパンを食べています。 つられてIZUも美味しいパン屋発見のため、つい買い食い歩きが日常茶飯事★ 昨日は2004年フランス・デザートガイドに載った店(幻のジャム販売店)のエスカルゴというデニッシュパンを試したら 1、2ユーロでPAULを上まわる繊細な味でした。 その店内では朝食やお茶&ケーキも可なのでナンシーに来られる方はご一緒したいですね♪(そうそう、チーズと食すジャムはもっと寒くなったら出るそうです,今はまだ時期じゃないと言われました)昨日はブーツ、スカート、薄手セーター、ジャンパーっぽい上着で暑いくらいでした。 久々のブーツのチャックが上まであがらなかったのが少々悲しいかな・・・でもまずは食い気優先です♪ 

台風お見舞い申し上げます♪ 雨に降られてカンカン娘〜♪・・・これが銀座のカンカン娘 ♪
と銀座好きな方から、またまた今月中にナンシーにいらっしゃるとメールを頂きました。
(ナンシー、最近スゴイ人気!) あ〜IZUは銀座に帰りたいよ〜★ と、 このようにメールを下さる時
自己紹介をして下さるとイメージが膨らみ、お会いしたい気分が盛り上がります。
 最近疲れてる、と何度も書いてしまったけど、感じのよい方とご一緒に歩くのは
疲れるどころか綺麗なものを見て、楽しいお喋り、良い気を沢山受けてとても健康的!
 じゃ、何に疲れるかというと、アレコレ調べてほしい→そしてプッツン連絡なし・・・は、
さんざん男に尽くして逃げられたような一抹のムナシサに襲われてしまうのです。
(こんな経験誰しもありません・・・?) IZUは観光局の回し者で仕事をしているのではないので、
自分も一緒に楽しめれば充分なのですが、マジメな(?)性格上、皆様に不公平のないよう
そしていい旅になるよう精神誠意な対応を心がけたいと思っています。
あなたもハッピー、私もハッピー「民衆による民衆によるアテンド」どうぞご理解下さいませ。
  ちなみに今日はパラパラ雨、 IZUの着てたものは、ババシャツ一枚、セーター、ズボン、トレンチコート
これでぜんぜん寒くありませんでした。 レディーのための洋服天気予報続けます♪

10月19日(火)毎週火曜日は義務で、とある所に通っています・・・でもシンドイ・・・それに11月に来られる方のホテルが取れず気になる日々ですが、IZUもストラスブールで同じ羽目になったことを思い出しました。 小さい町って国際学会とかあると、すぐ町中の宿が満室になる危険がともないます。 ナンシーはそれもそのはず、この時期ジャズフェスティバル開催中ということもあるのかも・・・(このフェスティバルについては観光局にお問い合わせ下さいませ。) そしてそろそろアテンド業務終了時期になりかかってきました。 日記もメールもジョジョに、もしくは突然お休みになるかもしれないのでご了承願います。 一ヶ月ぐらいで日記は再開予定ですのでご心配なく★

10月18日(月)土曜日、なかなか会えずにいた隣国の友人が突然、車飛ばして夕方4時に初めてナンシーに来てくれました♪そして家でお茶→散歩→外で夕飯→10時にバイバイ☆ と正味6時間という短い時間でしたが意外と観光でき、昼&夜の顔のナンシーもみれて「旅行した気分♪」に浸ってもらえました。 ナンシーは治安がいいから夜の時間の観光もグーです。 今週は若い人たちと会ったり、ナンシーで一番美味しいと言われてる中華料理家にも連れてってもらったり、すでに予定が一杯に・・・。 冬眠前の大忙しの飯食期のようです。 でも体がついていくかどうか〜・・・・

10月14日(木)今日もナンシー案内で今、心地よい疲労&満足充実感で満たされています。 同じ場所を何度も訪ねても、ご一緒する方の感性で毎回新鮮な発見ができ、私自身とっても楽しい☆ ネットで知り合った方とナンシーならではの感動を分かち合えるのは、「ここに来てよかった・・」と思える唯一のIZUの喜びです。 そして皆さま、沢山励ましメール有難うございます。 今までアテンド=お世話係りの身で 「疲れてる」と言うのは禁句と思っていたけど、そんなことはないんですね。 見放されると思っていたのに、逆に皆さんから親身に思って頂け嬉し泣きです・・・・これですごく気持ちが軽くなってまた元気がでてきたようです。 ナンシー好きの人は優しい人が多いのかな? 明日からまたメールお返事はじめます。 久々にナンシー派の人たちのお墓参りでもいきたくなりました。

10月11日(月) 最近もろもろの理由で熟睡できない日が続いています。んで今日はいつも寄る自然食品店のおばさんに「顔が疲れてる」と言われ、またドーンと落ち込んでしまいました・・・・(病人に病気みたい、って言ってるようなもんでしょ〜)でももう一人の感じのいいマダムは、そういう言い方はしないで、いつも笑顔で勇気を与えてくれて励ましてくれます。 私も誰に対しても後者のマダムのような人になりたいな〜と思ってはいるけど、今は逆に誰かに頼ったり甘えたりしたい気分で一杯です・・・・というのも異国で家族の頼りもなく一人でやりとげなきゃならない大事業があるので、今はかな〜り弱気モードなのです。 日本から来る皆様、できることならばヘルプミー、合いの手、じゃなくて愛の手くださいませ。 この時期 「聞きっぱなしメール」 の方には、もれなく七代のタタリがついてきますので、くれぐれもお気をつけて〜。

10月9日(土)アセアセしています・・・というのは11月に入ると私にXデーが来るからなのですが、ついつい逃げ腰に・・・ダンナに「やるべきことをまず優先してくれ」って偉そうに言われれば言われるほど憎らしく感じる今日この頃・・・この場をかりてナンシーのお問い合わせのお返事のひとつを致しますが、ガレ関係の建物といったら、ナンシー派美術館、それからガレのガラス工場の建物(中は入れませんし、今は他の事務所かな?) そしてガレが住んでた家(今は別人が住んでて、ちょっとセンターから離れごく普通の家)あと、お墓ぐらいです。 とり急ぎここでのお返事で申し訳ないですが落ち着いたらメールいたします♪お許しくださいませ★

10月7日(木) ここ数日、ダンナの切迫したビザ関係のことで日本の役所に電話をかけまくったり、あと諸々やること一杯でアセアセしております。 でも12日、13日とまた日本からガレや八雲好きの方がみえるのがとっても楽しみです☆  メールでのお問い合わせ下さっている方々に即答できないこともありますが、15日以降は少々ホッとできそうなので、それまでお時間下さいませ・・・今日は午後にとっても気の合う骨董友達ができいい予感♪ 明日はマジョレル邸についてガイドの友人からいろいろ学ぶ予定。 9日の土曜日はナンシー旧市街地で蚤の市。 あと、TV「うるるん滞在記」でやっていたジャムがナンシーで手に入るそうな・・・・それも近々チェックしにいってきまーす!

10月1日(金) また空から栗がふってくる10月になりました。 最近はアテンドでとても楽しく充実した日々を過ごしていました。 今まで来てくださった方は事前にメール交換するせいかとても親近感がわき、3日くらい一緒にいると、別れるときちょっと悲しいくらいです。 それにしても、IZUが3年近くナンシーに住んで見学した所を若い方と3日間で凝縮して見て回り、つくづく「若いってすばらしい・・・・」といかに自分がダラダラ過ごしているかがよーくわかりました。 そのかわり、わき目も振らず、目的を絞ったハードな旅でしたが、 彼女に壁を登ってもらってステンドグラスの写真をとってもらったり、私もとっても勉強になりました。 ベシャメルソースとアーティチョークのそば粉クレープも美味でしたね・・・またナンシーのことが自分でも好きになってきている今日この頃・・・・のようです。

9月24日(金)ナンシー派のことを復習しています。 ガレは100年前58歳で亡くなる寸前まで精力的に仕事をして、40歳のとき、36歳の日本画家・北海と知り合い、ナンシー派には沢山のガレより年下のイケメン・メンバーが、みんなエネルギッシュに装飾美術に力を注いでいました。 ああ私も100年前にナンシーに来て彼らの額の汗を拭いてあげたかった・・・・なんて入り込む隙もないけれど、仕事に打ち込む男達のカッコいい漫画になりそうな世界であったことは間違いなさそうです。 明日はマドモワゼルと 「むかしの光いまいずこ♪」 と、一緒につわものどもの面影探しにいきましょうね!

9月23日(木)日本からのオネイ様方をアテンドして、美貌のためバス代タダになったりと美人は徳です(IZUはバスに乗らなかったですが・・・)、なんてことを書くのではなく、つくづく、ナンシーって小さい町だけど結構見所いっぱいあるんです。特に、センターには女性の誘惑が多い! 洋服店や小物店、マルシェ、スーパー、ケーキ屋・・・アレ〜という間に時間がたってしまいます。強靭な足腰をお持ちの方でも、2日費やしても見切れないかもしれないので、どういう予定でナンシーを回るかご相談にのります♪ といいつつ、なんだかHTML形式のメールが届かないようなので、お気をつけてくださませ。 IZUのマネージャーがなんかメールのところをクリックすると説明文がでるようにしたようなので、読んでみて下さいね☆ もし最近メールを下さっても私から返事が無い方は、頂いたメールが自動的にゴミ箱行きになってしまった可能性大です。 申し訳ありませんが、再度チャレンジして送信してみてくださいね!(今日の15ユーロのランチも舌平目とサフランソース&アツくて冷たいデザート&前菜も文句なし☆ いいトコ当たるとお徳気分でウカウカです☆)

9月21日(火)昨日の夕方はなんか急に秋めいてちょっと寂しく感じてしまいました・・・でも明日は日本から麗しのマダムたち(複数だとメダム、といいます)と再会☆ そして入れ違いにナンシーにお着き予定の方から本日お問い合わせを頂きました。 そして10月は、また別のマドモワゼル・・・HPのお陰で日本の皆さんとこういうご縁が結べて寂しさも吹っ飛びそうで嬉しいです。 27日くらいまで忙しくて日記をかけなくなりそうですが、早く日本も涼しくなることをお祈りしていまーす! 

9月19日(日)今日は曇りで昼間も19度とベストな気温でしたが、先週の昼間は日差しが強くシミが怖い日々でした。 また10月ナンシーにお寄りになるご予定の方からメールをいただき、嬉しく思っています。(明日お返事しますね☆) 今日は日曜で店も閉まっているので近所散策してガレの眠る墓地まで足をのばしたら、ちょうど秋は17:45で閉園とのこと。 でもガレのお墓は墓地の一番奥なのでその前に色々回って疲れきってる方はちょっとキツイかもしれません。墓地近辺に喫茶店でもあればいいのですが無いですのでご注意を!

9月14日(火)静かなマイブームは、おみくじについてるお財布に入れるミニ七福神や,ミニ招き猫を集めることです。 今日も母がPCの音声チャットで「上野の神社で真っ赤な猫を引いたから送るね。あんたにぴったりの“怠慢除け”だったよ。」と言われ、しばらく「厄除け」ならず「怠慢除け」なんていうのもできたんだ〜と関心していたら 「災難よけ」の聞き間違いでした・・・(でも欲しいな〜。怠慢除け) こんな感じに母とは毎日午前中、音のクリアじゃない音声チャットをしていますが、いつも言われることは「一体いつ帰ってくるの?」 です。 一刻でも早く永住帰国したいのは山々だけど、80過ぎたイタリアの姑の立場になったら、一人息子が7年の日本滞在からやっとヨーロッパに戻ってきたのに、又日本に今帰ったら酷だろうな・・・と、気づくようになりました。フト、義母の最期を迎えるためにこっちにいる運命なのかな・・・なんて「最期」を意識しちゃってる鬼嫁だけど、そう思うとちょっと有意義&ポジティブに思える今日この頃です。(なんか人格疑う変な文ですがお義母さんのためにこっちにいるんだ!という意味ですので誤解のないように〜♪) 

9月13日(月・夜)スイーツハントに出かけたけど、今日はスカでした。 でもブティックZARAには素敵な秋物の服が沢山でて、(何も買わなかったけど)おしゃれをしたい気分に・・・おしゃれすれば外に行きたくなるし、急にデートの誘いがあっても慌てずにいられる・・・昔の人にバッタリ会ったとしても 「全然かわってないね」って思わせたい・・・なんて一人でしばし空想してしまいました。 というのも夜は秋の気配でいい感じで、 うちの前のオレンジ色の電灯がローマのサンタンジェロ城に行く間の橋を思い出させます。 初めての海外が仕事でローマで24時間興奮していた若かった頃・・・こんな季節は、「ユン様」「肌断食」等、私の知らない世界になっている日本の奥様たちの気持ちがわかる気がします。 つまりは日本女性の恋年齢が上がっているということでしょうか・・・思い過ごしも恋の内。 IZUも勝手に憧れてる人がいま〜す☆

9月13日(月)恒例土曜日午前中の買出しの際は、必ずペットショップを覗きます。 いる動物はネズミ系だけど、小さなハムスターがお饅頭みたいに重なりあったり、ママのおっぱいを探して小さな舌でペロペロとガラスをなめてる姿をみて、メロメロ〜…動物の赤ちゃんって可愛すぎる・・・(日々の生活に疲れている方にお勧めです) また、先週は会うのがちょっと億劫だな・・・と思っていた外人の友人が家に来ましたが (億劫の意味は仏語で話さなきゃならないので) やっぱり会ってよかった・・・日本ほどリッチな国の出身ではないのに、一本の白百合を買ってきてくれて、女っぽく優しくそれでいて知的な彼女そのもののようで嬉しかったです。 (私も見習いたいです) 最近は少々エネルギー不足のようで、それを口実につい食べるのに走ってます。 もう家での粗食は飽きたんでスイ―ツ・ハントにでも行ってきます♪

9月6日(月)長旅おわって、今、またナンシーを訪れるご親切な日本人の方のために、シュミレーションガイドを考えています。 今回ブタペストでの教訓は、「丘の上の宿は×」「夏の南西向きの部屋は×」「スリッパは必ず持参」です。 せっかく遠い日本から来るので快適でいい思い出になる旅になるように・・・と自分が日本から出発するような気持ちでいます。 ナンシーは駅からお勧めホテルやセンターには近いし、IZUがご案内する特殊な所以外でも、結構楽しめると思います。なんて観光局の回し者でもないですけどIZUのガイドも10月末までで終了となりそうです。 その後は未定です・・・ナンシー訪問予定の皆様、来るなら今、お待ちしていまーす☆

9月2日(木)昨日の朝、10日間のブタペストからの長旅から戻ってきました。 ナンシーついたらやっぱり自分はナンシーが合ってるな、と思ってしまいました。(小さめサイズがいい・・・)寝台車では何度も地震で起こされる錯覚を覚え、未だに恐怖&旅疲れです。 メールのお返事もボチボチいたしますが、まずは川へ洗濯に・・・・と旅土産の処理からかかりまーす。

8月16日(月)専業主婦にとって何曜日が一番嬉しいかっていったら、もちろん月曜日☆ 今朝も目が覚めたらダンナはもういなかった☆ そして朝から雷で早くも秋の気配。 最近は疲れやすく体がついていかなく気ばかりが焦ったりしていましたが、それでも引越ししてしまう友人たちと会ったりなど、なんとなくバタバタしていました。 今朝はお香焚いてラフマニノフを聞いて心の洗濯・・・聞くたびにどんどん汚れが取れるようで気持ちいい・・・やっぱり美しい音楽を聞いたり、美しいモノを見るって楽しい・・そろそろIZUも夏休みを取る予定で、あと数日したらPC業務を9月2日まで停止します・・・メールのお返事はその後になりますので、ご了承ねがいます♪ 9月までしばし日記もお休みですが、美しいものを見た報告でもできるかも・・・♪ どうぞ皆様もお元気で☆

8月11日(水)オジサマの愛読雑誌「サライ」の別冊プラチナサライとかいうのでナンシー特集が組まれてるそうです。あまりガイドブックにのってない町なので、どうぞ本屋で立ち読みお勧めします。新聞によるとアリタリア航空が他の航空会社に値上げをするようにモーションをかけているそうです。 つまり自分のとこだけ値上げすると、お客が逃げるから、といういかにもイタリア人がしそうな理由で・・・(笑) IZUは先日タイル職人と知り合いになりました。ガラスも良いけど,タイルも好き。 アールヌーヴォー調タイルなんて壁掛けとしても欲しいな・・・注文すると作ってもらえるそうです。 (でも高そう・・)なんかとりとめのない文だな・・・

8月8日(日)ここではちょっとした有意義な情報を書くべきと思いながら、そういうことをしてない自分が情けない・・・先週は午前11時なると決まって頭痛になったけど、今日は大丈夫でした・・・去年ほど暑くないとはいえ、やっぱり冷房のない家は温度が高くなって油断できないのかな・・・それになかなか暗くならない夜もなんか落ちつかない・・・冷房の効いた部屋で出前のお寿司を食べてるアナタがうらやましーです。あ、有意義な情報といえるかわからないけど、フランスの水はお肌に悪いからお風呂に安い牛乳いれてます。豆乳&牛乳パックはお風呂の中で洗ってから捨てるようにしてまーす。ついでにお蕎麦の茹汁もいれてます。 でも湯船で体洗っててシャワー浴びて出るから意味ないかも〜。 

8月2日(月)ナンシーも暑いです。土曜日より午後になると熱が出て軽い頭痛・・・やっぱり暑さのせいか、気になってることがあるせいか・・・・肋骨の右下の皮膚がチクっとするのはどうして・・・?これって帯状疱疹初期? 精神的なストレス疲れでもなるみたいだから、気をつけなきゃ、何も考えずねてまーす。メール滞ったらこういう訳なのでお許しを〜。

7月30日(金)少々長く生きていくにつれ、若いときには遭遇しなかったようなことが誰にしも起こるものなのでしょうか・・・ 親や伴侶や子供のことで何かを断念しなきゃならないことや自分の予定が狂ってしまうことが・・・・大人になるって自分の欲望だけで進められない事に気づき、尚且つ自分の道も持てるようになる・・・ということなのかな・・・なんてしみじみ、渋茶をすすりながら考えてしまいました・・・

7月28日(水)パリのお気に入りは日の当たらないアーケード。 パッサージュといいますが、ここに入ってる店舗をみるだけで数時間費やしてしまうんで、人と一緒だと気が散ってしまう・・・やっぱりパリっ子はいいな〜、ゆっくり一人でこういうところ見れて。次回はアーケード内の宿にしよっと! 今朝は珍しく5時半起き、メロドラマが始まる前に有意義な時間を過ごせました。 夜少なく食べると翌日お腹がすいて早く目がさめるというのに気づきました。 明日は美術館いってガレを再度詳しく見てきます。 歩いて15分でガレ見たい放題という私もパリっ子とはまた違った特権かな・・・

7月26日(月)♪巴里は広いな、大きいな〜、行ってみたいな〜よその国♪ってなことで、田舎のネズミが都会に2泊三日行って来ました。老舗の鰻を2日連続で食べたにもかかわらず、土地感掴めずヘナヘナ〜。知ったかぶって巴里を回るのは無謀すぎる〜。 次回は巴里在住のお友達に「パリっぽいところをちょっと案内して☆お礼はランチでいい?」と素直に頼もうと心に誓いました。 何か洒落たものが欲しかったけど、2大デパートを回ると足は棒のよう・・・。東京で見つけたほうが手っ取り早いような気がして諦め。 夏は日中クーラーの効いたホテルで休んで、6時過ぎからの散策がいいでしょう。(といいつつ、ナンシーが涼しかったから冷房のことなんて頭になかったんで、ネットでとった宿には冷房がなかった・・・久々ホットな夜を過ごしました☆☆涙〜) 

7月22日(木)こっちも蒸して来ました。 夏用にレースのカーテンを薄藤色にしたら、渋いおばあさんの部屋っぽくなりました。藤色と若草色って合うな・・と考えていたら竹の葉にのった薄い色の餡子の水羊羹が食べたくなりました・・・。明朝から日曜日までPCから離れるのでメールのお返事がその間できなくなります。また来週までお元気で〜★ 

7月20日(火)女の人生って男によって変わるのかな・・・昔のあの人ならあんな人生だっただろうな・・・なんて、フト思う反面、自分の意志で人生を貫いてないアタシに気づく今日この頃・・・今のダンナがいなければ何で生活できるかな・・・フランスじゃ生きていけないから、日本帰ってまた新たなダンナを探すか、それとも一人で生きるために仕事か・・・今度はうーんと年上の人がいいな(ムフ☆)なんて直ぐ思ってしまうのが仕事に興味がなくなってる証拠かな?でも楽しめてお小遣いが稼げたらそれもいいな。 そんな仕事がちょっとしたい今日この頃です。 報酬というより自分がやっぱり無能かどうか図ってみたい・・・こわいけど・・・

7月18日(日)蝉の鳴き声すら皆無のナンシーでは、日本からの「あちい・・・」メールを読んでも、いまいち、ピーンとこない毎日です。(先週の土日は寒さで暖房をつけたよ〜)喉元すぎれば、じゃないけど痛みや暑さって忘れてしまうもんなんですね・・・(ヒンシュク者でスミマセン・・・)日本里帰り検討中ですが、「暑くても日本食」それともここにいて 「涼しくてマンネリ食」決断力のなさに悩んでいます。 皆さんのご意見お待ちしておりまーす☆

7月9日(金)日本の皆様、暑中お見舞い申し上げます。 申し訳ないくらいにこっちは去年とうってかわって冷や冷や冷夏です。 15度です。 去年は猛暑で道の隅にハトやスズメの雛が巣から落ちて死んでいるのを5羽くらいみましたが、日本ではどうでしょうか・・・野良猫ちゃんたちが脱水症状にならないかな? あと、飼い犬も鉄の鎖をつけて、炎天下で鎖が熱くなって首が火傷をしてしまうこともあるそうです。 ご近所にそんなワンちゃんがいないか気をつけてみてあげてください。 言葉が喋れない動物がなぜかとても心配です・・・・なぜって自分もこっちでろくに喋れないからでーす。

7月4日(日)毎月第一日曜日は美術館は10時から1時半まで入ると無料です。 そして土日は2時半、3時半からマジョレル邸で仏語のガイドがあります。(これは有料)そんなわけで今日は美術館からマジョレル邸、そして墓地までご案内してきました。 好物のお蕎麦や水羊羹等のお土産まで頂き感謝感激です。それにしても、日本のフランス政府観光局のナンシーのパンフでは見所があたかも接近しているようですが、そーんなことはなく近くまで通っていても気づかず、歩き疲れでせっかくの旅を損なってしまうのは恐れがあります・・・ナンシーにくる方は是非そんなことにならないように、メールでご一報下さいませ。可愛らしい若奥様から頂いた高知の「ごっくん馬路村」というゆずと蜂蜜のジュースは激ウマでした・・・☆私も日本にいたら絶対取り寄せたい・・・夏のギフトにいいですね。 今夜はサッカー、ヨーロッパカップの決勝戦で、ギリシャVSポルトガルでした。 開催地のポルトガルは残念でしたが、ギリシャが優勝。誰も予想しなかった国同士の決勝戦でよかったです。 

7月3日(土)7月第一土曜日はナンシーは、センターに昼間から屋台が沢山出る日です。年一日だけで〜す。

7月2日(金)明日ナンシーにご到着予定のご夫妻の方から成田空港からギリギリセーフでIZUのHPを見てくださったととても心の温まるようなメールを頂き、お会いする前からとても好印象で、早速IZUもホテルにパンフ等渡してきました。 最近、身も知らないのにお優しい方だな・・・と思われる方が以外に多くて嬉しいです。 その反面、「聞きっぱなし」の問い合わせメールや、当然のように、「携帯に電話くれ」感覚の方には、「・・・・」と思ってしまいます。 自分が外国に住んでいて、そんな日本人ツーリストからメールもらったら、どう思われますか? ワザワザお化粧して出かけるより家で寝てた方がマシ・・・。 って冷たい女になってしまいます。 IZUはお互いの立場を理解しあえる皆様をおまちしてます。 第一印象の悪い人は、さようなら〜です。 

6月30日(水)1年の半分が過ぎてしまいました。 充分怠けすぎました。 落ちるとこまで落ちたので、あとは、欠けては満る月のように、自然とまた何かがみなぎってくるような淡〜い予感がしています。(このまま欠けっ放しだったりして・・・)今日は友人と和菓子作り、そして疎遠だった旦那の従兄弟からメールがきました。(ポップな画家です。ヒマな人はみてね。http://www.nespolo.com/)みんな頑張ってるな〜。 私もまた地道にフランス語聞き取りでもやるかな〜・・・フラ語に執着心は全くないけど、やっぱり詩の朗読でも空でいえたら、キザ〜だけどちょっとカックいい〜♪ フランス人と愛を語りあってるこっちの日本人友人たちは上達が早いったら〜☆ やっぱ、「愛だろ、愛」の世界です。 とりあえず身近な異性を探して・・・ターゲットは昨日の歯医者のドクター。 何言ってるか分かんない説明30分で治療なしだったんもんね(これで40ユーロとか言ったら怒るわ) こんな歯医者初めてだ〜!次回は一ヶ月先、ふざけてる〜!充分語りわなきゃー。

6月28日(月)お知らせですが、週末ご親切な方からHP写真のことでご指摘を頂き、クリックすると拡大するようになりました。(多分) 昨日は近所の公園で年一回の大規模なフリーマーケットがあり、体重計を3ユーロでゲット♪ あとちょっと可愛いな〜と思うようなアンティックのカフェオレボ-ルとかお皿とかはフリーマーケットとは思えぬ値段でやめた・・・屋台の飲食コーナーもあって地酒赤ワインと軽食で5ユーロとかで新緑の中、楽しめました。(でも食べなかった・・・)明日はフランスで初めての歯医者デビュー・・・(ユーツ・・)そうそう、バーゲンは先週の金曜日くらいから始まりました。バーゲン初日の丸井に朝、並んでいた自分がなつかしい・・・(若かりし頃) 今は色気より食い気。これからバナナパンケーキでも作ってたべまーす。

6月24日(木)昨日は病院にいってきました。 医者に注射寸前に「スフレ!」と言われて、思いっきり深く息をすってしまいましたが、「スフレ=吐いて」なのに、「ス」始まりで、「すって」と勘違いして、かなり痛かった・・・。 緊張疲れで数日家で引き篭もるつもりでしたが、今日は美術館でお茶の試飲会があり断り切れず顔をだしてきました。 が、どのお茶もまずかった・・・でもフランス人にとっては美味しいらしい。 味覚が違うんだと思いノーコメントで黙って飲んできました。 なぜか最近は涼しく、そんなわけもあってか自家製納豆作りも失敗・・・そんな中、うちのイタ公だけがTVの前のヨーロッパカップのサッカーで盛り上がり、イタリアが負けて大喜び。 やりたい放題の金持ちのワガママプレイポーイたちがその報酬金の100分の1程度の国の選手に負けたというのが嬉しいらしい・・・。分からない気もしないけど・・・・ちょっと羨望もあるんでしょうね。 ちなみに自慢じゃないけどIZUはバッジョ様からIZUの名前入り直筆サインもらったこもあるんでーす。うきゃ! (やっぱミーハ―)

6月21日(月)昨日は仏人カップルが以前から 「スシ!スシ!」って言ってたので、家で生魚は危険なのでせめてアボガド手巻き寿司のランチに招きました。 そーしたら海苔は海臭くてヤダ、醤油は強すぎてヤダ、お味噌も豆腐も梅酢もヤダだ。ってもうー、「納豆くえ、クサヤくえ」って言ってるんじゃないのに、ホトホト骨折り損のくたびれ儲けになってしまいました。 なんせ「すべて生まれて初めて口にするものばかり」 だから仕方ないとは思いましたが、もう外人を喜ばすために「日本食でオモテナシはコンリンザイ御免宣言」をダンナにしました。 外に食べに行く方がどーんなに気楽でフェアか〜・・・・でも外人の付き合いって日本人のように外食の習慣があんまりないようです。 テンヤモノ、外食が当たり前の暮らしが懐かしいよ〜! 

6月18日(金)今日は日本から、「ナンシーでガラス作成体験ができる工房はありますか?」というご質問のメールを頂きました。 きっと他にもガラスに興味がある方でナンシーで検索されてきている方がいらっしゃると思うので、この場でお返事いたしますが、 ガレなどのガラスで有名な割には、町中で、そういう工房らしきのはみかけないないですが、おそらく、町から離れたところにはあると思います。 たまたま一軒だけ、絵画教室のマダムにもらった名刺が手元にあったのでお知らせします。 www.stefatelier.com で、みてくださいね。 (でもナンシーの隣町だわ・・・これ以上詳しいことはわかりません。ごめんなさい。) 私も興味はあるけど、まだ未開拓な世界であります・・・(体験といわれても、おそらく工房と直接交渉になるんじゃないかな〜)フランス人の友人にきいてみて何か朗報がありましたらまた追ってご連絡いたしますネ。 (でもネックは言葉ですよね・・・)IZUも翻訳の仕事が完全に終わってないうちに、またマカロン関係や日仏協会のボランティア翻訳の頼まれごとがあり、トットとやってしまえばいいものだけど、なんかやる気がせず、つい日記に逃げてしまってます。 「日仏協会はナンシーに来た日本人を歓迎して言葉のサポートをする」なんて仏語で書いてあるのだけど、そんな雰囲気は感じられないので、ウソっぽいことを訳したくないな・・・というのが現実・・・・・んで「この文は真実ですか?」とフランス語で相手に聞くのもカッタルイ・・・・・このビミョーなやる気のなさ、お分かりになってくれたらうれしいです・・・

6月16日(水)昨日はナンシーのマカロンの老舗の若旦那と会う機会があり、できたてマカロンを頂きました。 あれは固いお菓子と思っていたら、出来たては柔らかく、固くなったら蒸気で蒸してた食べるのが良いそうです。 ナンシーで歩きながら食べる方は、ネチャネチャ、クチャクチャと歯にくっつきそうになるんでお気をつけてくださいマセ。 話は違いますが、不健康な翻訳生活で自分の中で密かに「めざせ美肌」革命がメラメラしていますが、「やせる水」で人気のコントレックスのミネラルウォーター(日本で12本3900円、こっちで一本、0.53ユーロ)IZUも飲んでるけど、特に痩せもしないし、美肌にもならない・・・・あと、フランス製タラソテラピーの「オリゴメール」って日本だとすっごく高価なんで、気になってますが、今更もち肌めざしたところで・・・・?って思ってしまうのが主婦の現実のようです・・・。でもやっぱ、目指すべきかな〜?

6月10日(木)うちに一人イタ出身がいるのに、案の定、私の翻訳を一切手伝わない、と言われてしまいました。国際結婚カップルは語学を助け合っていいな〜なんて思うのは大間違いで結構どこのカップルでも(結婚数年後は)なんか質問する度に、「これくらいのこと、ちゃんと文法勉強してれば分かるはず、一体何年〜・・・」と説教が始まるのが関の山です。 でこっちも悔しくなって聞かなくなり進歩なしです。 語学目的で外人と結婚するのはやめましょう★ (お付き合いまでが花かも) そんなことより今日も暑かった・・・

6月9日(水)「今日は何の日、ふっふ〜♪」 (という主婦向きTV番組を日本の職場でよくみていました・・・)そうです、今日はかの有名なドナルドダック(伊語=パペリーノ)の誕生日なんです。 IZUはこの幸運に見放された哀れなアヒルの大ファンで、毎晩寝る前に欠かさず漫画を読んで、なんとかイタリア語をキープしてます。 そして偶然にも今日朝一番でイタリア語の翻訳の依頼が入りました★ グラッツェ・パペリーノ!ミオ・アモーレ!ドナルドが反対にプレゼントをくれたようで嬉しい! やっぱりアイ・ラブ・イタリア―ノ♪ ラテンの血が騒ぐ騒ぐ♪ 日記も数日間お休みするかもしれませんのでご了承を〜!

6月7日(月)夜:朝遅く起き、連続ドラマをみて、ずーっとパジャマのまま、昼やったことといえば、せいぜい足の爪を切った程度・・・・こんな姿をみたらご先祖様がさぞ嘆くだろうな〜、と思い、ダンナが帰ってくる前の夜の9時ごろになってダッシュで髪を洗いカーラーで巻き、さすがに化粧まではしないけどせめてコンタクトいれて、着替えて夕飯の支度と家の片付けを正味30分で行う・・・なんか昼間はダラダラしてたけど、「夜のお仕事・ムフ♪」に行く前に留守番させる子供にお弁当をつくっているような変なイキイキとした感覚でした。 そのままダンナとすれ違いに、「じゃ、いってきまーす」と行くところがないのが少々残念・・・ですが・・・

6月7日(月) 昼間:自分がつくづく、バカだな〜、思うことがあります。 それは、今日のように外はカラッとみごとな晴天なのにどこも行く気もしないし、何もやる気もしない時、「やる気がしない時には何をしたらいいか・・・」と真剣に考えてしまうのです。 矛盾してるけど、何かいい案があったら教えてくださいませ。 ちなみに、フランスではお天気いいのに、洗濯物は外に干せないんです・・・町の外観を損ねるとかで・・・でも家の中でカラカラに乾いちゃうのが怖い・・・(そしてじっと自分の手をみる・・・)やっぱ、お肌の手入れでもしまーす。

6月6日(日)昨日はどこかの市でフランス国内初めてホモの結婚式が認められ、TVでその映像がよく流れていました。灰色のスーツの大きな新郎の頬に手をまわして、一回り小さい白いスーツの新婦(見たからに)がキスをしていたのが可愛らしかった・・・・で、 その横で感激極まって泣いているオジ様がいたのでどっちかのお父さんかな?と思いきや、「市長の言葉」で彼が語り始めたのを見て、IZU said:「市長があそこまで泣く〜?」 で、すかさずダンナsaid 「きっと彼もホモでしょ」と・・・・でなんか納得。 こんなことを書くと市長を冒涜してる、なんて抗議されてしまうかもしれませんが、同性愛がいけない、ってことじゃないんで冒涜と思うほうが冒涜・・・?自由恋愛の国・フランス万歳!です。(入れ歯接着剤のコマーシャルだって老人カップルの激しいキスでも、入れ歯がとれない。ってのをやってる位だから・・・見てて少々恥ずかしいけど〜☆)

6月3日(木)どーでもいいことですが、IZU家のPCが2台になり、PCによってここの色が違うことに初めて気づきました。自分ではパステルトーンにしてたつもりが、かなりドキツイ色。 自分だけの世界が正常と思う落とし穴に気づいたようでした。 またどうでもいいけど、今日は白髪かと思ったら、根元はまた黒になっていた毛をみつけて嬉しかった。 こんなことより、ナンシーの家々はバラの花盛り。(おわりかけてるかな?)公園のバラ園でみるよりIZUは民家の玄関や鉄柵にあわせ、家人の好みの色や配置で咲いてるのを見るのが好きです。 フランス流・屋外「生け花」って感じかな? そうそう、6月末でおわってしまう週2回の絵画教室は、なぜか木曜日はみんな親切で優しく和気藹々だけど、月曜日は最悪・・・・同じ先生なのに天国と地獄なのは、月曜のメンバーに野村サッチーみたいなと、不機嫌な淡谷のり子みたいのがいるからかも・・・。 二人の「気」が教室をどよーん、とさせてます。こわいよー。でももういきません。

5月31(月)また今日も祝日・・・5月は祝日が多いので観光で来る方はちょっと要注意です。 スーパーもお店も閉まっているので、日・月分の食料を買いだめしなきゃならないのが不便。 IZUは土日月と3日間、うちのトラブルメーカーのために6食分のベジタリアンメニューを考えるのがもうネタ切れ・・・何作ったかな・・・アボガド手巻き寿司、肉ナシ親子丼、冷奴とキノコ・ポテト炒め、ヒジキ&豆腐&チンゲン菜チャーハン、ホーレン草カレーそしておやつに自家製ドラ焼・・・意外とよくやってるな〜、と自分でも感心。(明日はさぼります) そして優雅なバロック・アリア掃除効果は一人の時でないと効果がないことを発見。 ダンナがいると電波が乱れるって感じ・・・ 金曜日は友人と語り合い、「たまたま日本に生まれた様に、たまたま今フランスにいるだけで、今いるところが自分の世界」という考えに気付き頭の中も軽くなり、こだわりや囚われの気持ちがなくなりスッキリ。 そして唯一の精神安定ビタミン剤である、憧れの人よりメールを頂きつくづく感謝感激。 そういえば、今はサクランボの時期、 スーパーでは1キロ12ユーロしてたけど、マルシェで4,5ユーロ。 沢山買っても2ユーロしなくて美味。 なんたって皮むかなくて食べれることがあたりまえだけどなんか嬉しいです。 

5月26日(水)美的で身軽な生活を・・・と思い、今まで足を踏み入れて気持ちのよかった場所のことを考えてみました。 一つ思い出したのが表参道にあるオシャレなアクセサリー屋さんで、そこはいつ行ってもバロックのアリアが流れていて優雅な気持ちになれたものでした。 早速IZUも今朝、キャスリ―ン・バトルのヘンデルのアリアをかけたら不思議と、今までのダレた生活から生まれ変わったように優しく心地よい気持ちに包まれ、なんかお掃除好きになれそうな気が・・・。 昨日の新聞の健康欄で、目の下の痙攣は肝臓機能の低下から起こる。と読みました。 肝臓は「怒り」に左右されるそうです。 IZUは毎年の健康診断では白血球と肝機能のビリルビンが正常値より越えているので、「怒り」は特に禁物と心得え、精神のお掃除を続けていきたいです。 次は、モクレンの香りのお線香を母から送ってもらう予定で届くのが楽しみです。 あ〜、想像しただけでも気持ちよくて眠ってしまいそう・・・・お金のかからないすごい贅沢・・・・ あとはナデナデできる毛皮(ネコでも犬でもウサギでも馬でも)に触りた〜い。

5月23日(日)愛猫ミーコが生きていたときはよく母と、「ミーコはいいね、旅行行くんでも家出するにも、歯ブラシ一本持たないでそのまま出かけられるんだもんね〜」なんてナデナデしながら話し掛けたものでした。何も持たない。何も残さない。 私もミーコのように身軽になりたいと、この土日、痛感しました。 自分がいつもいるスペースには自分のこだわったものしか置きたくないけど、それ以外の部屋はどーでもいい物置化して、溢れる物にもうウンザリ通り越してどう処理したらいいか頭を悩ましています。(捨てられない性格・・・) ここが永住の地ならまだしも、日本に帰るために少しでも身軽でいたい。 とりあえず今週の課題です。

 お知らせ・・・・というまでもないのですが、ホットメールでメールを下さっている方、お返事しても無事届かず戻ってきてしまうことが多多あります。 お使いのメール受信ボックスが一杯の時そういうことがあるようなので、ご注意くださいませ。 2度送って戻ってきてしまう場合は、諦めちゃいますのでご了承くださーい。

最近気温を書いていませんでしたが、今日は日中27度、かなり暑かったです。 こちらは梅雨は関係ありませんが、長く歩くにはこれからの時期より、9月以降がお勧めかと思います☆

5月19日(水)夕刻:お使いから帰ってきたら東京の友人から「最近残業で23時帰宅で、ひたすら仕事しかすることのない毎日。私の人生って一体・・・」といったメールが入っていました。 フランスに来る前の私も同じような事を何度思ったことか・・・仕事だけで無気力になり「窓を開けたら外国の風景」という生活がしたいな〜とフト思った事も・・・。 (今は辛い仕事でも日本に帰りたいカモ・・・笑)好きな仕事で辛いならまだ我慢できますが、そういう人は極少数派。 生きていくのはなかなか思い通りにはならないものですね。かといって奴隷的精神で頑張って!とは言えません。 人生の「時期」「旬」を考慮に入れ、自分にとって何が大切なのか順位をつけて時々考え直すといいかもしれないですね。 と人に言ってる振りして、自分自身に言い聞かせています・・・。

5月19日(水)昨日は美味しいものを食べる宣言したので物色しましたが、結局買ったのはレタスとマッシュルームとネギのみ・・・お惣菜売り場もみんなコンソメ味のような気がしてイマイチそそらず、「あ〜、銀座アスターの「アスター麺」か、浅草染太郎の焼そばが食べたいな〜」と溜息ばかし・・・「食べるために生きているのではない」ってうちのマネージャーはいいますが、毎日、自分が何を食べたいかを熟考してしまうようになり、そそられるフランス食材を探すのが難しくなってきました・・・てなことで今日のお昼も日本ソバにします。(一週間連続かも・・・)昨日はフランスマダムの友人が一生懸命私の発音を直してくれました。 無駄な努力をしてくれているようで有難かったです・・・。

5月18日(火)もう半そでシャツで歩けるような夏日で、古い建物に藤がからまったり、紫のリラの花がきれいな時期です。 昨日は久々絵画教室にいってナンシーの住宅地を歩いてて、「やっぱりナンシーがいいな」と思いました。 曲線とステンドグラス、女っぽい夢や色気を感じるのです。そして教室ではプラハの絵を一枚描いて楽しめました。 最近体調を理由にちょっと「美しい」ものから遠ざかっていたような気が・・・・イケナイイケナイ、もっと自分を大切にして磨かなくては・・・「飯炊きババアにはなっちゃだめ」と日本の母にハッパかけられました。 お部屋も片付け、お肌の手入れ、ウィンドーショッピングや美味しいものをたべるエンジョイ週間(月間?)に突入宣言しまーす。

5月14日(金) 今回写した旅行写真をみると、セピアのせいか割と暗く哀愁漂うのが多いのに気が付きました。 贅沢と貧困の隣り合わせや、老いの不安の影・・・・楽しい旅行中でも100%幸福感を味わえないって、呑気な子供の頃と違い心配することも増えるものです。 IZUの場合は義母が旅行中に入院したということでした。 海外に住んで一番気がかりなのは、ずばり「親」です。 これは海外在住人の時間の差はあるけど共通点なのです。 他の共通点は、ごく少数派ですが、自分で納豆作りとか真剣に考えて、アレコレと時間を費やしたりすることです。 どんぶり山盛りいっぱい納豆が食べたい・・・これは簡単そうだけど、意外と遠い夢なのです・・・。 そうそう、昨日の夕方はナンシー派美術館で、またガレ死後100年祝いの展示のオープニングのちょっとしたパーチー(?)があり、招待状もきてたけど、気分が悪くていきませんでした。 ちょっと前なら頑張って参加したけど、なんかあんまり欲がなくなったのかな〜・・・

5月11日(火)20代の頃は、旅行に行ったら出先で、一旦ホテルに戻って休憩したい。 なんて時間がもったいないから、これっぽっちも思わなかったのに、今回の旅では、遠くにいても一度、体を横にするためにホテルに絶対もどる! と主張した自分が、ちょっと「大人」に加わったたような気がしました・・・。ガムシャラに観るより、回り損なった所があれば、次回のお楽しみに・・・と、余裕の旅・・・年取ったっていうより、やっぱり「大人」と思いたいものです。

5月10日(月)夜: 旅の簡単な報告です。スイス=どこも物価が高い、特に食費。 チューリッヒの旧市街は賑やかで楽しかった。 ベルリン=歴史好きの男の人向きの町という印象、道は大通りがおおくて疲れた。食費安い。 プラハ=レストランは安い、観光客だらけ。早朝とか夜とかがいいかも・・・ ウィーン:2回目だけど、やっぱり2回とも感動なし。 オペラ座界隈は奇麗ではあるけど貴族的で壮大な感じ。 庶民派志向の私好みではないかも。 まとめ:今回行ったどの街にも私の求めていたような場所はなかった。(一体、私の求める場所って何??) でもきっと現地の人しか知らないいい雰囲気の所ってあるんだろうな〜。 見つけられず残念でした。 

55月10日(月)夕方: 旅って何かな・・・と考えていたら、ちょうどベルリンに行く前に寄ったスイスのバーゼルという街に住んでいる、K子さんという方からメールが入りました。  たまたま私がいない間にナンシーに来て、ちょうどお互いすれ違ってしまったけれど、彼女も今年からのスイス生活で、共感することが多いと書いてくれてとっても嬉しい!今回は会えなかったけど、いつか会えそうな予感です・・・ そういえば、スイスのブルッグという田舎街で一人で道に迷い、仕方なくちょっと怖そうな労務者風のおばさんに道を聞いたら、意外にとっても親切にしてくれて目的地まで一緒にいってくれました・・・「私が日本に行ったらきっと日本人に親切にされるからお互い様!」なんて笑顔で言ってくれたのが、今思うと神様のよう・・・きっと自分が日本に行く機会なんかないのを知りながら、こういうことを言えるってすごいな・・・。最初に身なりで判断した自分が情けなく思えた日でした。 また、プラハのホテルでは、やはり同名のK子さまという方と、うちのダンナと同じ大学&学部で留学していた大先輩のチェコ人のダンナ様のステキなご夫婦に偶然出会い、「日本に帰りたいと思いつつ、海外暮らしが23年も経ってしまったわ」との話に、自分達の将来をみるような(ちょっと怖い)錯覚・・・でも懐かしい話に花が咲き楽しい一時でした。 また、私の留守の間にナンシーに来てくださった方からは「アドバイスのお礼」と、重いのにポン酢や日本酒のお土産をホテルに置いてくださったり・・・・旅をして 「いい人と会えたな〜」ってこれも貴重なお土産ですね。 自分もそういう人になりたいものです・・・

5月10日(月)朝: 旅の醍醐味って一体なんでしょう・・・・もうヨーロッパの観光地はどこも同じようなチェーン店で溢れて、日本人も一杯、歴史的に有名な建物をみても、「ハ〜そうですか〜」といった具合であまり感動しないし、有名な絵画も日本の展覧会で既に見たし・・・大きな都市だとメトロと都電の乗り換えをどうするかに頭を悩ませ歩き疲れ、もう早くお家に帰りたい・・・・こんな気持ちって誰しも正直なところ思うものではないでしょうか? もうそういう旅は、卒業したいという方は、やはりナンシーがいいかもしれません。 IZUのガイドなら、一泊2日で、ゆっくり疲れず見る所も見て、ガイドブックにはない庶民のオシャレな家々の区域を探検できます。 と、自己PRになりましたが今回自分が旅して、つくづく、「旅の意味」 を考えさせられました・・・。

5月9日(日)今朝、オリエントエクスプレス・ファーストクラスの寝台車でナンシーに戻ってきました。 というと、あの格式高いオシャレな列車かと思いきや、確かに電車には「オリエントエクスプレス」と書いてあったおけど、全然普通の寝台車でした。 (皆様名前で騙されませんように・・・)海外旅行、というより、町々で「SUSHI」や「JAPANESE]の看板を見るたびに目がランラン、郷土料理とは無縁の旅で、 ベルリンの日本料理屋「大都会」ではズッキーニの天ぷら、ウィーンの「天満屋」では、なんと、キュウリの天ぷら、が出た時は、目が点、「・・・・?」でした。  また報告しまーす。

4月23日(金)明日、土曜日から28日水曜日までスイス、5月1日から9日までベルリン・プラハ・ウィーンに行ってきます.メールのお返事ができなくなりますがご了承を・・・まだ荷物の準備、何にもしていないからアセアセ・・・・。日本から旅行するのではないから、なんか喜びより、「面倒くさーい」と思ってしまいます。 るるぶガイドブックもないし行き当たりバッタリです。 ウィーンからナンシーまでノンストップ寝台車で帰ってくる予定だけど、アールヌーボー好きな人には、こういう旅程もいいかもしれないですね。 日本の皆様もよいGWを!

 

4月21日(水)ナンシーの皆様、朗報です。昨日はどうしてもお刺身が食べたくなったので、マルシェのおじさんに「切り身のお魚、生でたべれますか?」ってきいたら「全ての魚が生で食べれるよ!」と嘘のような返事をもらい、名もわからない白身魚を買ってみました。 でもすっかり買ったことを忘れ、今日の夜、恐る恐る切ってわさび醤油で食べたら、これが、イケル、イケル☆ ネットによると冷凍2日以上した生魚は寄生虫が死ぬから食べられるとか・・・これって本当? お寿司やさん関係の方、真実を教えてくださ〜い!

4月11日(月)今日はまた休日です。 といってもダンナは仕事場に行き、私は平日とかわりのない生活・・・今の感心事は、イラクの人質になった日本人3名の安否です・・・こっちのTVでも東京がよく映ります。 そんな中、私はマダムに教わったフロマージュ・ブランのケーキをつくったり、坦々麺もどきをつくったり、もっぱら食べることだけを考えて生活している・・・・一体自分って何の信念をもっているのか・・・・・でもまたこうい気持ちも長続きせずに終わってしまうんだろう・・・そして何も成し遂げない=自分は存在しないということになるんだろうか・・・・と、昨日のサルトル「嘔吐」を一日で斜め読みしてこんなことを思ってしまいう復活祭でした。

4月8日(木)現在、巷は復活祭のバカンスです。 なんかフランスはバカンスだらけで子供天国って感じです。町の中心には移動遊園地が来て、入場料なんてかからないから、縁日をみるように夜ブラブラ散歩するのも楽しいです。 大人の方は、ナンシーを一望できる観覧車がお勧め! 多分4月一杯やってるのかな?5月1日は旧市街で蚤の市があります。 (雨じゃなければ朝10時くらいから夕方4時か5時まで) そしてその日はスズラン売りが街中にいま〜す。

3月31日(水)こないだまでは陽が照っていても風が冷たい日が多かったけど、もう完全に春です。なのにお花見などとは無縁で、つくづく季節感をエンジョイするのは日本人の勝ち!って感じです。 全然関係ないけど多くのフランス人は日本人は挨拶するとき、神社でお祈りするみたいに手を合わせて腰を曲げると思っているようです。それにマダムたちは「日本には西洋のようなケーキは無いでしょう?」と少々小馬鹿気味にいったり、日本人の若者は昔の竹の子族みたいな格好をしていると思っているようです。 そういう質問を聞くたびに「あ、またか〜・・・」と思ってしまいますが、では私が一体、他の国のことをそんなによく知ってるものか?と思えばそんなことはないので、当然といえば当然です・・・・ただ、「やっぱり遠い国なんだな〜」と、フト絵画教室の後、マダムたちの手作りケーキをご馳走になりながら思ってしまいました。 (ヨーグルトケーキはでもとってもしっとり美味でした。オーブンで20分、今度作り方聞いてきま〜す)

3月23日(水)随分長いこと日記をかいていませんでしたが、ビミョウな体調が続く中、一応生きていました。 先週の土曜日は元職場の先生がナンシーを訪ねてきてくれて相合傘観光(でもすぐ突風で傘が壊れましたが)、お客さんで一杯になる人気のレストランで食事し、「地元の人に案内されると楽でいいな〜」とご満足の様子で私もホッとしました。 (私は前菜にエビのグラタン、メインに鯛のソテ−温野菜いっぱい、デザートは自家製の暖かいプリンのようなケーキにフルーツ&カシスアイス添え・・・・どれも美味でしたが二人分?って量でした。ちなみにこのコースで18.05ユーロでした)つくづく、今回日本からヨーロッパに来る方は、時差ぼけで朝は早くおきてしまい、夕方早く眠くなってしまうことに気づきました。IZUとならお腹一杯になって思考能力の失いかけてくる午後でもしっかりフォローいたします。 眠りながら歩いていてもOKで〜す。

3月16日(火)下の文を書き終わって・・・以前日本にいるとき某大学で留学生と関わる仕事を長年してきて、長く日本にいるのに、全然日本語を話さない留学生がいたとき「日本にいるんだから少しは日本語しゃべればいいのに」と憤慨していた頃の自分を思い出しました・・・つまり、私もフランスで生かしてもらっている以上、その国の言葉を学ぶのは、やはり礼儀・・・というか義務・・・上手になれなくても努力はしないと!と反省しました・・・・。生きていくって予定外のことがあると、今更になって納得・・・戦争やテロの犠牲になっている人のことを思えば、文句はいえませんね。

3月16日(火)今日から急に春になりました!ナンシー真冬並なのでカイロもってきたほうがいいです。なんて言ってしまった方、ごめんなさい・・・。 突然春になるって、こともあるんですね。  やっぱり暖かくなると眠くなる...フランス語のラジオをかけて、ちょっと横になると、スゥ〜と麻酔のように眠れてしまいます。 子供がお経をきくとよく眠れるのと同じです。 でもフランス語はよっぽどこの言語に「愛」を感じないとマスターできないな・・・と未だに思います。今、勉強したところで、日本にかえっても使う機会なんてないだろうな・・なんて思ってしまうと、「時間の無駄・・・?」と、やる気はみるみる消えていきます。 ただ分かってきたのは、フランス人男性の顔って大まかに4種類位に分類できるな〜。ということです。 一つは、ゴッホの似顔絵のように、おでこの部分が広く、禿げ上がるタイプ。 あとの種類は徐々に例をみつけて書きマース。

3月12日(金)昨日は絵画教室で、絵ではなく陶芸をしました。 土をいじっていると何でこんなに癒されるのかな・・・と夢中で4時間もやってました。アールヌーボーチックのものをつくってます。 いろいろと次のアイデアが湧き、来週が楽しみ・・・最近は体の具合がちょっとビミョウ・・・昨日は気温2度で寒かったです・・・

3月8日(月)今朝方の夢でナンシーに何故か、「いなげや」というマイナーな日本のスーパーがオープンして、欲しいものが日本価格でなんでもあって、もちろん野菜売り場には大和芋や舞いたけ、ごぼう、納豆売り場にはいろ〜んな種類の納豆やこんにゃくもあって、もう嬉しくて感激して買いまくって家についたところで目が覚めました・・・・。こんな悪夢をみるなんて3年前にはまさに夢にも思わなかった・・・神様、早く日本に帰らせてくださいませ.....グスン。

3月5日(金)また雪が降りました。それも羽のような大きな雪・・・でも近々ナンシーにいらっしゃる予定のみなさまご心配しないで下さいね。 降ってもすぐ止んでます(今の所)☆ そしてこの数日一気にお問い合わせメールが届きましたので、徐々にお返事いれてますのでお待ちくださいませ♪ 最近こちらのスーパーでは復活祭のタマゴチョコが置かれ、タマゴだけじゃなくウサギグッズも多いようです。 (なんでかな?) スーパーと言えば、イタリアのスーパーになくフランスに充実しているものがあります。 何だと思いますか?それは、「スープ」です。 こっちでは色んな種類の紙パックのスープ(ポタージュ)がクノールやらどこやらで出ていますが、イタリアでは見かけませんでした。 その逆にフランスのレストランのテーブルの上にオリーブオイルとお酢のセットが置いてあるのをみたことがない〜。 隣国なのにやっぱり違うものですね。 でも電車でいけちゃう外国があるってなんかうらやましいですね〜。 

3月2日(火)昨日、「春とおからじ」って書いたけど、遠からじ=遠くないってことですよね・・・(?)本当は春は遠いってことを書きたかったのに、「ながすぎた春」と勘違いして、わけわかんない文をかいてしまいました。春、ときいただけでピピっときて的を得た一言を表現できるようになりたいものです。 今日は久々に俳句と墨絵をたしなんでいるステキなオネイ様からメールがはいりました。IZUも両方とっても興味アリアリで先週までは5・7・5・7・7が頭から離れませんでしたが、生憎今はフランス語をまた勉強しようとして頭が切り替わったところですぅ。。。俳句するともう他のこと考えられなくなるのがイヤ〜、「イヤイヤと、言ってはつくる、俳句かな。」ほら〜止まんなくなっちゃうー。

3月1日(月)いつのまにかもう3月になってしまいました・・・・東京は今日は雪だそうですね。ナンシーも春とおからじ。です。 最近は連日友人たちとランデブーやら絵画教室やら・・・・そして久々にいろんなものを買いまくりました。(欲しいものなんてそんなにない。なんて言ってたのはどこのどなた?) まずはフランス人を真似てムーディーなランプ&ままごとミニなべ3個セット&イーゼル(全て古道具屋で購入)。 このランプはパート・ドゥ・ヴェールとかいう技法のものだそうだけどかなりいい! 夜、暗くしてこの灯りをみているだけで「♪情熱の赤、哀愁の青、今溶け出して夢の世界に・・・」そう、セクシャルバイオレットの世界なんです。(アタシもかなり古い・・・) だんなが帰ってくるまでつけておいて帰ってきたら消す、ってのが鉄則です。

2月21日(土)夕刻時のスーパーの帰り、窓からみえるフランス家庭を垣間見るのがすきです。必ずTV見るときはその部屋は電気を消しているのがおかしい・・・でもどの家も部屋の中は間接照明だけでボンヤリ薄暗く、日本のように「電気つけないと目が悪くなる」っていう親はいないようです。 それにみんなロウソク好き。 自分の家で、ロウソクの灯をつけて仲間と飲みながら語り合ったり、夜の時間を楽しんでいるようです。子供の頃からこういう環境で育つと、それが心地よくなり親から子へと伝わるのでしょうか...そういう大人が多くなると、それが町の美化にもつながり、日本とは違う雰囲気がかもしだされるのかもしれませんね。

2月19日(木)最近は人付き合いの多い日が続いています。 新しい友人との出会い、旧友との出会い・・・日本の母に「あんたたち、ヒマだから農家のおばちゃんがつけもの持ち寄って年がら年中お茶してるみたいね」って言われたけどその通り・・・外国で暮らして初めて、友人がこんなに有難いものかと分かりました。 (みんなありがとう・・・)

2月12日(木) バカなのに風邪を引いていました。 先日は友人と車でアルザスまでいってきました。 可愛い村が沢山あるんです。 ナンシーから車で2時間・・・・その間はなーんも無いところを走ります。 フランスって広〜い、ってまた思ってしまいました。 だって日本の国土の2倍、人口は日本の半分・・・ そりゃ、広くて家賃の安いアパートに住めるわけだわね・・・(給料は安いけど〜)収納に本気で頭を悩ませてる東京人がかわいそ〜に思えました。 でもそれに勝る東京のいいところは一杯あるから甲乙はつけられないな〜

2月6日(金)イギリス人の40歳の女性がギリシャ行きの飛行機に乗ろうとしたら金属チェックで引っかかって、調べたところ「鉄の貞操ベルト」をしていたそうです・・・なんと彼女の夫がギリシャの愛人たちと遊ぶのを心配してつけたそうな・・・こんな中世のベルトを今だに使っているなんて、イギリスらしいけど、何処で売ってるんだろう・・・?そしてかわいそうな話は南米ペルーの農民たちは生後7ヶ月の男の子を土地の恵みを祈るために首を切って生贄にしたとか・・・・・涙・・・いつの話?って思いたくなるけど、今日の新聞の話です。。。(もちろんイタリアの新聞ですけど・・・)

2月5日(木)どうしちゃったのフランス?だけじゃなくてドイツあたりもこの数日気温15度くらいの小春日和です。 こんなことは冬3回目で初めての経験・・・また寒くなったら引き篭もりを余儀なくされるので、今がチャンスとばかり、遠くまで歩き回って写真を撮りまくって温め中です。 昨日は日仏協会の集いがあり参加してきました。 フランス人中高年お見合いパーティーのようで、最初はちょっと引きましたが、この引っ込み思案も言葉ができないせい・・・とつくづく努力をしないと話せない・・・・・と実感しました。(ポジティブに考えばフランス語話さなくても生きていけるもんだ〜♪ということになります。) でも親切な日本人ムッシューと墨絵が上手なフランスマダムと知り合えて嬉しかったです。 絵画教室はちょうど私が油がのっているのに、復活祭のバカンスのため2週間もお休とのこと・・・きっと再開の頃は激寒になるんでしょう・・・・ 復活祭前には妙にクレープを食べる習慣があるようで、クレープ関連グッズもショーウィンドーに並んでいます。 ちなみに、おかず系クレープ(ガレット)は一枚4〜7ユーロ、デザート系クレープは2〜5ユーロほどで、りんごのお酒と頂きます。 IZUの好みは味がついてるのかついてないのか分からない様なほうれん草とキノコのクレープです。 ふやけた曖昧さがフランスっぽいです・・・あ〜おなかすいてきた・・・

2月2日(月)友達がお見合いをしました。 この機にアタシはダンナと結婚にふみきったのはなんでかな?と思ってみると、昨日夫が、「・・・という面で、両親に恵まれなかった・・・」とつくづく言っていたのを聞いて、「あ、これかも!」と思いました。 今までなら「そんなバチあたりのこと言うもんじゃないよ、いい御母さんじゃない」とかばってあげてたけど、実は私も土曜日姑とチャットで口論して、プッツンしてしまいました。 「あんな強情っぱりの年寄りじゃ、誰にも可愛がられない!」 というのが久々の夫婦の共通意見です。 (かなり鬼嫁になってきたかも・・・へへ)まあ、立派な両親に育てられ苦労なしにきた男より、親と喧嘩ができて、ついでにあたしも姑に「義母さんのためだから言うけど〜」なんて直接意見しちゃったりするお気楽な環境が結婚の条件かな〜なんて、真面目に思ってみました。 参考になってなければゴメンね〜。

1月29日(木)また雪・・・。* * それもかな〜り積もってる・・・でもいい加減今日こそは絵画教室にいかなきゃ・・・ その後、買出し、もうメチャ買いしてやる〜!と思ってもそんなに欲しいものってないもの・・・バーゲンは最終価格になっているけど、セーターとかはアクリル100%とかが多くて日本より質を重んじないのかな・・・IZU今期バーゲン・ゲット物は、なべしき・ローソク入れガラス・テーブルクロス(モロ家庭的★)みんな5ユーロだったな・・・そのうちまた引越しするかもしれないので、記念にアパート写真を撮って買ったものもご披露しま〜す。 日本でも売ってるようなものばっかりと気づくことでしょう♪ あ、本当に欲しいものありました!アパートの扉上についているアールヌーボー調ステンドグラス・・・今度のアパートはそういうのがついてるところにしたいです。 

1月26日(月)土曜日はナンシーの隣町の○さん宅にお邪魔して楽しい一時を過ごしました。 お赤飯、ごちそうさまでした!ボソボソっと漫画家の蛭子さんみたいに喋るところとセーターの下からシャツがクチャクチャと出ている後姿がとてもステキでした。 またご主人が大好きって感じの奥様もとってもイイ人・・・異国でいい方と巡り合えるほど嬉しいものはありません。 うちのダンナもモルモットが抱っこできて大満足でした。 今日は絵画教室、雪のためまたサボってしまいました・・・ま、いっか・・・

1月23日(金)ナンシーの冬は、「ロング&ハード」(なんか下品・・・笑)であるはずなのに、何の予定もない今日に限って珍しく陽が照っていました。 でもあえて家で一人遊びを充分しておきました。(お絵かきとか〜、絵本読みとか〜まるで園児・・・)さもないと土日、孤独ホシイホシイ病になってしまうから・・・ダンナは問題外だけど、恋人がいても「恋のない日」、「一人になる時」って必要ですよね。 (って恋人がいるわけじゃないんだけど〜)  そして大好きなHenri Salvator と Jill Capranを聴きまくってました。 Henriは80過ぎのおじいちゃん歌手だけど、「愛撫する歌声」って書いてありました。 納得、サイコ〜♪ Jillは女性ボーカルで、「こんな声になりたい!」っていうくらい上品な情熱さがあるベルベットボイスで甘く切ない。 こんな声でフランス語が喋れたら、どんなにカッコいいことだか・・・

1月22日(木) 寒さは本格的になってきました。 外の空気が触れただけで毛穴がキュっとひきしまり、みるみるうちにりんごホッペ・・・気のせいだけど、こういう日は色白美肌になったようです。 こんなお菓子を買いに行くのも億劫の時はパンにクリームフレッシュ(スーパーで1ユーロもせずに売っている生クリームとプレーンヨーグルトを足して2で割ったマスカルポーネチーズみたいなもの)をパンにぬって、その上にたっぷりブルーベリージャムをつけて食べます。 あ・・・しあわせかも・・・んでIZU家の下の2軒先の古道具屋さんで5ユーロで絵本2冊購入。 そして久々絵画教室ではブルーと紫をふんだんにつかった(カビのような)水彩画をカキカキ中・・・さらに、最近やった血液検査の結果、エイズはネガティブ★ もちろん、身に覚えはないけど、小さな幸せも積み重ねるとなんかウレシイ・・・あ、BARの常連さんにも一杯やらないかって言われたんだ・・・でも今日はいつものナポレオンみたいな顔のバーテンじゃなくてキレイなオネーサンだったんで断ちゃいました。 (本場のマドモアゼルを前に自分の女度がかな〜り低いことを瞬間的に悟った自分がミジメだった・・・)そういえば最近、お使い行くと、「メルシーマダム」、って言われて、「マドモワゼル」って言われていないな・・・・「おばさん」と呼ばれるか、「お嬢さん」と呼ばれるか・・・・フランスに来る予定の方は、自分がなんと言われるか注意して聞き取るように〜。

1月19日(月・夜)今、フランスでは、フランスにいるイスラム教の女性が学校でベール着用禁止という新しい法律をめぐってTVで討議をやっています。 ま〜、フランス人もアラブ人もみんな話しが長い! 喋りだしたら止まらないという感じです。 IZUは個人の自由だからベールを被りたかったら被っていればいいのに・・・と思っていたけど 被ってる女の子たちは、お父さんやお兄さんの命令で被りたくなくても被っている、というのもあり、なかなか複雑な問題のようです...日本の普通の学校でも日本生まれのアフリカ人やベール姿のアラブ人がクラスの20%くらいだったらどんな感じだと思いますか? 

1月19日(月) 何か寒いな・・・と思って窓をみたら、やっぱりチラチラと白いものが降っています。
 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 
京都は雪景色がいい、なんて通の人はいうけど、きっとナンシーも雪の時が奇麗なところがあるんだろうな・・・と、温かいミルクティー、ではなくコブチャのはいったカップを両手でもちながら、「美しい退屈・・・」ってこう言うことかも...と、ちょっと「いい女」風に窓の景色をながめていました。 本当は絵画教室だったけど、背中に雪をしょった犬を散歩しているおじさんをみて、サボってしまいました〜。 あ〜、ミネラルウォーターの買い置きもないんだ・・・(涙)こんな日は鍋焼きうどん、出前したーい。

1月18日(日)昨日は「王様のガレット・パイは絶対買わない」、なんて言っておきながら、やっぱり買ってしまいました・・・エヘ。 というか自分の中で変な抑圧をかけると、好きじゃないのに買いたくなってしまうアマノジャクの仕業です。 (ひねた性格になってきたのかな〜) でも有名パン屋:PAULの一人分ガレットは2ユーロでアンコがいっぱい入っていて美味しかった〜・・・豆乳ミルクティーとあうあう!
んで結論: 「空腹時であれば和菓子と比較することすら忘れる」 これって含蓄あるかも・・・

1月17日(土)この時期、フランスのお菓子には日本でももう出回っている「王様のガレット」というパイ菓子が並びます。丸いパイのなかに、アーモンドの粉&卵とバター&お砂糖でつくったホクッとした中身が入っていて、感激するような味でもないですが、中に陶器の小さなオマケが入っていて、それに当たった人が王様!という微笑ましいゲーム感覚のものです。 パイが好きな人にはいいかもしれないけど、IZUは苦手なので去年は上下のパイをとってみたら、中身がチョコッとしかはいってなかったのにガッカリ・・・頭割ったら脳みそがちょっとだけって感じだったので、今年は絶対買いません。 それなのにフランス人はよくこのお菓子を買うんです・・・結構高いのに・・・というかパイ生地のお菓子が本当にすきな国民なんだな〜・・本当に美味しいと思っているのか、他に美味しいものを知らないせいか・・・IZUは小麦粉とバターのお菓子はもう、うんざり!山芋でつくった「かるかん」のほうが味・美容にも100倍いいと思います。 山芋で思い出したけど、アジア食品でかった「タロイモのデザート」は久々の大ヒットでした。 タロイモってサトイモみたいなおイモのようです。 つまるところ、アンチ・バターで、シンプルな焼イモがたべたいのです!!やけに熱が入りましたが、言いたいことは、やっぱり長くフランスには暮せそうもないな...。てことです...。

1月16日(金) この場をかりてすみません・・・同級生のY・K君、ご結婚おめでとう!
見てくれてるかな?小学校のときは給食のスプーン投げをしたりして遊んでたのに、中学になったら急に美形でニヒルのガラス細工のような遠い存在になってしまいましたね。 でも私の兄と雰囲気がそっくりなので、他の子より特別な親近感をもっていました。 今はとても懐かしく思ってます。
どうぞ寒い地で頑張ってね!私もここの厳しい冬が3回目となり最近は暴雨風で心身&雨傘とも、ぺチャンコにされていますが、あとは雑草のように這い上がります! いつかお嫁さんとナンシー遊びにきてね。 
心からお2人のご多幸をお祈りしています・・・音楽の神様がお2人を祝福しますように・・・♪

1月10日2004 あけましておめでたうございます。

まだまだ眠い冬眠からおきたばかりです。 

昨年はHPを通じて良い方たちと出会いがあり心からメルシーです。 
そしてこんな全然更新のないHPを見てくださってる皆様にご多幸をお祈りします♪
2002年1月14日にナンシーに到着してもうじぎ2年目を越します。
今年はもっと私なりの写真やイラストでナンシーの魅力を紹介できれば・・・・と思い始めています。

★ジョジョに再開しますので本年もどうぞよろしく〜★

11月28日(金)昨夜9時に街のノエル・イルミネーションが点灯しました!去年よりかなり遅い点灯です。 ノエル市は明日から始まるそうです。 街にはSt.Nicolasのお祭り用のお菓子(サンタさんみたいな人型のクッキーやチョコ)が一杯売ってます。 蜂蜜とハーブのこの時期のケーキは、好みもあるかもしれないけど、IZUはまずいと思います・・・・しつこいお味です。 ヨーロッパはこれからがいい時期ですね。 IZUは1月すぎまで冬眠モードに入り日記はお休みします★でもメールはよみま〜す! ではでは〜またの日まで♪

11月23日(日)ちょっとPC管理人が席を外した合間にちょこっとだけ書きます。昨日はT子さんとお会いして初対面だったけど、とっても楽しい方で私はリラックスしっぱなしでウィンドウショッピングに夢中、彼女はなんか余裕で、店の前でちょっと一服・・・どっちが観光客かガイドかわからないと言って大笑いしちゃいました。 そして偶然にも大阪と山口からのマダムたちと会い、いろいろとご親切にしてもらってしまい、IZUはこのご恩一生わすれません!というかご恩返しグッズさがしてきま〜す!ナンシーは小雨だったけど暖かくて良かったです。 こんな小雨で傘をさすほどではない時、地元のおばあちゃんたちは、透明のビニールの三角頭巾のようなものをカブっているんですよ☆ バンダナを三角にしてあごの下で結ぶって感じかな? それで透明で、白の水玉模様とかついてて結構かわいい・・・私も欲しいけど、若い人でやってるのはみたことないわ〜。

11月21日(金)バックを焦げ茶で字を白でやって〜と依頼があったので, ご依頼どおり・・!ほら、さ・とぅ・ぷれ?(気に入った?) なんか忙しくなってきました・・・・明日はT子さんとランデブーです。 そして土日はPC使えないので、メールを下さった皆様、すみません・・・そろそろ本当に冬眠にはいるかもしれないので、お返事が年明けになってしまうかもしれません・・・今度は宣言なしで眠ってしまいそうなので、お許しください。 王子様(おじさま?)のキスで目が覚めたらメ-ル、お返事しま〜す。(そんなの待ってたら100年眠っちゃいそうです・・・)

11月19日(水)ノエルの市が建ちました。でもまだ開店していません。多分週末あたりからかな・・・?クリスマスといえど、欲しいと思った指輪もやっぱり諦めてしまいました・・・あ〜何も贅沢していない自分がちょっと可哀想!でも指輪4個位で日本行きの飛行機代になるかな・・・なんて考えちゃうと、指輪より日本がいいと思ってしまいます・・・・最近すぐ、物の価格を飛行機代と比べている自分が情けないです。・・・と暗い気分のところに、鎌倉のHさんから可愛い桜の串が届きました〜!!!お弁当にちょっといれるような楊枝サイズにピンクの桜・・・彼女とはほんの数回のメールの交感だけなのに・・・指輪を買ってもらうより嬉しかったです!! こういうちょっとした女らしい優しさを示してくれる方は、SのM様もそう....実際お会いしたことないメルトモ達からいろいろ学ばせてもらっています。 私も見習わないと!!またフランスリボンか何かをお送りしますね〜♪

11月15日(土) 風邪をひいてしまったようで頭がフラフラ状態です・・・沢山の方から同時にお問い合わせなどのメールを頂きましたが、治り次第お返事しますの、もうちょっとお待ちくださいませ・・・・その上、土日はPC管理者より、私はパソコン禁止令がでてるんで、明日もお返事できませんので、重ねてお許しくださいませ・・・・・ノドから来た風邪のようです。みなさんも乾燥しているときは口を閉じて寝るように〜・・・

11月12日(水) 朝8時からガス工事の人がきて、なんと4時までいました。 いい加減一緒にいて気づかれしましたが、夜は音楽をききながら、お茶&画集をみてリラックス・・・絵画教室で何を描こうか楽しみです。 今は一つ油絵でお気に入りのものを描いてます。 つくづく、アンチ・フランスだった私が、文句をいいつつもそれなりに楽しんでいられるのは、やっぱり「ナンシー」だからと思えます・・・(まあ、どこいっても、きっと住めば都なんでしょうね。)でもアールヌーヴォーと、ナンシー派には感謝感謝です。 (美術館のおじさんは相変わらず優しくて顔パスさせてくれるし・・・) 地図をみてまだ歩いてない通りを探検しにいって、ちょっとした私好みのものを、発見するのが楽しくて、今ではナンシー人より良く道、知ってるね、なんて現地人に言われます。 ただ、写真も実は沢山撮ってためてあるのだけど、このHPはこれ以上写真を増やすと重くなりすぎるので、どうしようか考え中です・・・そろそろ全とっかえの時期かな・・・

11月11日(火)今日はフランスは祝日です。 最近街中で焼き栗屋さんをみつけます。 (目抜き通りSt.Jeanの先の洋服店ZARAの次のスーパーSHOPIの前には必ず出てます)。 大きな栗が10コくらい入って2ユーロ。 日本の甘栗みたいに硬く煮詰まった感じじゃなくて、栗に既に切れ目がはいって、ほんのり甘くホクホクとして、甘栗より美味しいです♪ でも栗の皮が焦げてるんで手が汚れますので、歩きながら食べるのは洋服を汚すのでご注意を!(私が既にベージュのコートをこれで汚しました・・・)

11月9日(日)ナンシーでまた来年日仏新婚さんカップルが増えそうです。 HPを通じて嬉しいメールを頂きました。 私がナンシーに来た時は誰も知り合いもなく心細かったのに、今は日本から新しく来る人たちに「先輩♪」なんて呼ばれちゃってテレ状態になるなんて、夢にも思っていませんでした・・・♪来年1月で2年目突入のわりには言葉は上達してないけど、生活は落ち着いてきたようです。 リンク先のSUIJINさまからも温かいメールを頂きました。 やっぱりPCのお陰で皆様に助けられていると感じています。 改めて皆様にメルシービアン♪ 

(話はちがいますが、昨日はマルシェのオリーブ専門店で、おいしいペーストをみつけてはまっています。 グリーンオリーブと、ケッパ-と、バジル、にんにく、塩のペーストで、パンにつけてついつい食べ過ぎてしまいます。 ナンシーに来られるかたはお試しください♪但し、マルシェは月曜日お休みです。)

ps....Izuizuの最近は火曜日午前中はイタリア語の授業、月・木の午後は絵画教室(これは夕方にすること可能)というようなスケジュールです。 土曜日は買出しデー、日曜日はお店がしまってるので、ご飯時以外は空いてること多し。という感じです。 

111月7日(金)こんな日記を読んでくれるガラス好きの方からメールを頂きました。 ありがとう!少しはナンシーにくる方たちのために役立つ日記を書かなきゃいけないですね。 でも本当はとっておきの方にとっておきの内緒のスポット...なんてコッソリやるのが実は好きなのです。 昨日は一年ぶりでHご夫妻と再会、納豆、大和芋、高野豆腐等など沢山お土産いただいてしまいました。 それにお手製の俳画の絵葉書は何よりも嬉しかったです。 ナンシーの主要アールヌーボーは一日では全て見られませんが、それにしてもよく歩きましたね・・・一泊して翌日もお時間があるとよかったですが、残りはまた次回ご案内させてくださいね!

11月3日(月) ナンシー町中はクリスマスのイルミネーションライトを取り付け中で、家の前にも雪の結晶のかわいいのが付きました。 まだライトアップはしてないけど楽しみです。 6日は一年ぶりでナンシーを訪れるH夫妻と再会するのが楽しみです。 どんよりお天気に晴れ間が見えますように・・・・最近はちょっと気分は低下中。 と思ったら先月も日記中止予報をだしたのも10月3日だ! IZUは月の頭は気分がブルーになるのかもしれない・・・なにか対処法を考えねば・・・・

10月31日(金) 今日は雨の中、年下男友達とランチしてきました。 日本帰っちゃうお別れランチ・・・いい人だっただけに惜しまれます。 町の雑貨屋はクリスマスグッズを売り出しました。 ツリーがないんで、ついつい毎年「きれいだな〜、買おうかな〜、どっしよかな〜」でモタモタしてるうちに新年になってしまいます。その帰り並びの宝石店で珍しく欲しい指輪を発見。そんなに高くはないけど、11月は一年分の税金&住民税など大きな出費がドカーンとあるし、今は専業主婦の身で、どうしようかな・・・と、また悩んでいます・・・最近、なにも買ってないし、もうちょっと全てに真面目になるように、と願掛けリングのつもりで買っちゃおかな〜

10月29日(水)又ヘンな夢みたんだ・・・北朝鮮のデパートにどういうわけだか日本から入り込んでしまった....私は母にプレゼントを買おうとしていた。 そしてデパートから出れなくなってしまった・・・店員達が、「日本人がいる」と私を捕まえに追いかけてくる・・・恐怖の中、一人の日本語のできる朝鮮人に出会い、事情を説明して助けられた・・・この夢は何を物語っているのだろう・・・

10月27日(月)ヘンな夢をみました。 気持ち悪いんで、ランチ中の人は読まないように・・・ 肉屋でビニール袋いっぱいのばら肉を買ったら、灰色した人間の小さな手とかが一杯はいってました。 その肉はみんな灰色でどうやら人間のようなのですが、煮込みに使うとゼラチン質やコラーゲンがとれお肌にいいと、私は気持ち悪がりながらも、大鍋でグツグツと煮込んでいました。 (ウゲッ) うちのベジタリアンのダンナが肉を食べない理由がわかったようでした・・・動物のお肉も、死んだらヘモグロビンが破壊され、灰色になるはずだけど、沢山化学物質を注射し、赤い色を保っているそうです。 だって誰も灰色の肉なんて買いたくないから・・・その化学物質が発ガン性があるらしいけど、そんなことは誰も気にしちゃいない・・・。 自分はウサギ一匹殺せないけど人が殺したウサギは食べる・・・フンまみれでギュウギュウと抗生物質で育った鶏や豚を食べる、小屋から歩いたこともないウシを食べる・・・そして殺される時の動物たちいの恐怖のピーク・・・そして動物性たんぱく質と炭水化物を同時に摂取するのはあまりよくないそう・・・こんなことを頭でわかっていても、お腹が空くと気にならなくなる・・・・やっぱり頭と体って別人? 

10月26日(日)金曜日の夜は、なんだかんだ文句を言ってた割には私が一番喋って、夜中の12時半まで盛り上がっていました。 やっぱり人と話をすると、その人のいいところが見えて興味がでて、私も話というか質問が止まらなくなってしまうようです...。 
そしてお客様が来る前には、思いがけない人から電話があって、 うれしさのボルテージが一気にあがりました。  その人とは亀を3匹かってるお互い面識のない人ですが、なにかいい予感がします.・・・今後の展開が楽しみです・・・

10月24日(金)今、お料理中です。 今日のメニューはサラダ、アボガド寿司、ひよこ豆ペーストのカナッペ、そしてマッシュルームサグ(ホーレン草とマッシュルームのカレー)、そしてチョコケーキアイス添え。 もう何も考えずに料理に熱中しています・・

10月23日(木)気が重いです...ダンナの同僚が仕事をやめるんで、ダンナが勝手にうちで、ディナーに招待しちゃって、そしたら、その同棲相手の彼女までついて来ると・・・・初対面の人に夕飯を作るって好みもわかんないし、家はベジタリアンだから材料も限られるし・・・なんでこんなことしなきゃなららいんだろう・・・と、やる気が全然おきません・・・友達ならまだしも、こんなとき、いい妻・いい人を演じる必要はあるのでしょうか...?以前も一回フランス人カップルを夕飯に誘って、向こうからそれっきり。ってことがあったんで、尚更やる気がおきなくって...これって狭心でしょうか・・・?明日の夜来る予定なんで、もうやるしかないのだけど・・・、皆さんならどう思いますか?(ダンナの同僚といっても一年ちょっとの仕事だけの付き合いです)

  10月21日(火) 頭から下のサイトから入れる名古屋ソングが耳から離れない・・・

♪ な・ご・やはええよ〜、コアラがおるがね〜。 な・ご・やはええよ〜、道がひろいがね。 やっとかめ!
ユー二モール、さかえちか、女子大小路、 ホダヨ♪

軽快なリズムに韻を踏んだ計算され尽した、まさに名曲・・・あ〜、オンチじゃなければ、こんな歌詞がかけて歌えるシンガーソングライターになりたかったです。。。 

10月20日(月) 考えてみると、三十路って30才ぴったりの人のことをいうのでしょうか?私のプロフィールに三十路とかいてありますが、これは修整するべきなのかな?(後半とおに過ぎてます。) そうそう、人生ゲームのビター&ブラックバージョンが日本にあるらしいけど、遊んだことある方いますか? 今、ナンシーくんだりに行きついた先の見えない仲間たちと、ムショウにこれで遊びたい気分です・・・

10月19日(日) こんな日記を読んでいま〜す、とRさん、Yさんメール有難う御座いました♪ とっても嬉しかったです。 最近この曲に凝ってます。 
みなさん、聞いてね〜!元気がでますよ!
(会社では昼休み音を小さめにしてクリックしてくださいね!) 

http://mm.ahs.kitasato-u.ac.jp/~ce99732/ce99732.html

 10月16日(木)ナンシー&金沢姉妹都市のイベントのお茶会を市庁舎で見てきました。外国人に「茶道」の紹介をするとき、禅とか仏教とか、精神とか、偉そうに聞こえるから、参加する日本人関係者はせめてその時くらい、それにふさわしい振る舞いや配慮をするべきでは・・・?茶道は、単なるデモンストレーションだけではいけないな・・・と茶道の紹介の難しさを考えさせられました。 

10月12日(日)友人達と「楢山節考」みてきました。・・・・感想は、ぜひ見て私にお聞かせください・・・

10月11日(土) 今日は日本人の友人と3人で歩いてたら、大きな観光バスが横をノロノロ通っていたので、フトみたら、バスガイドさんは日本人女性っぽかったので、「あれ〜?日本人用の観光バスかな?」とジーと見たら、乗客のおばさまが手を振ってくれました。 で、私達も手を振りかえしたら、バスの人たちみんながニコニコと手を振ってくれて・・・で、私もバスに飛び乗り、バスガイドさんのマイクを奪って、「は〜るばるきたぜ、函館〜♪」と、サブちゃんソングを一曲歌ってしまいました。 なんてことはなくそんな気持ちで一杯でした。 そしてショッピングモールでは、姉妹都市金沢市の工芸品展示があり、久々懐かしくてキレイなものをみました。 IZUも金沢の東茶屋や武家屋敷の方は大好き・・・もっともっとPRできて、町の一角そのままドカーンと再現できたらもっとよかったのに〜と、歯がゆくなってしまいました・・・着物のキレイどころがいなかったのが残念でした〜。 

10月8日(水)きゃはは・・・また書いちゃった。 「ヤメロっと言われても♪」という沢田研二の古い歌を思い出しました・・・自分の中で、もう日記は止めよう止めよう、と思うとアマノジャク性格が邪魔します。 フランス語の勉強はもう闇に葬りました〜。ナンシーはJAZZフェスティバル開催中・日本映画シリーズもやります。楢山節考、愛のコリーダ、蜘蛛の巣城、長谷川一夫と木暮実千代の光源氏(ふっる〜い!)などなど・・・フランス人のお友達と見て感想きいてきま〜す。

10月7日(火)また来ちゃった・・・もう、あたしたち、しばらく距離を置きましょう。っていったばかりなのに・・・だって今日はザーザー降りの雨の中、図書館いってめいっぱい絵本・画集を借りてきたら、なんか報告したくなっちゃったの・・・いいCDもありました。 自然に冬眠するまで自然体でいくことにするね・・・あ、ナンシーに来る人はビニールの三角頭巾みたいのがあるといいかも・・・・風がつよいんで、傘はおチョコになっちゃいます。

10月6日(月)別れた男がその後どうなったか、里子に出した子がどうしているか、と未練たらしく遠くから覗いてみたい気でまたちょっとこのコーナーを開けてしまいました。 冬眠するにはチト、時期が早いかも・・・と、一貫性のない自分が笑えます。 今日はグッと冷え込みます。 木枯らしピュ-ピュ-、そろそろホットワインが美味しい時期です。。。

****お知らせ****

フト、一方的で身勝手な日記をここに載せる意味は・・・?
私はフランス生活の淋しさをこれで紛らわしているのかも・・・
体温を感じない繋がりより、面と向かって関わる人間同士のぶつかりあう感情・・・
こういうのをもっと大切にしたい、と思う次第であります。

書く事がすきなIZUIZUにはちょっと試練ですが、少しこのコーナーをお休みしてみたいと思います。
(個と個で向き合うお付き合い希望です♪)

充電(冬眠?)が終わり、女ップリを上げて再開する予定です。 
できれば、HPを通じてお知りあいになった皆様と実際にお会いできる日がくるといいですね!
今まで日記を読んで下さって温かいメールを下さった全ての皆様、メルシーボク-♪

               IZUIZUより愛と感謝をこめて・・・

10月2日(木)小雨が降って、しっとりと冷えております。

みかのはらわきてながるるいづみ河
           いつみきとてか恋しかるらむ     

この「恋しかるらむ」という響きが美しく思えます。古典文法などは無知無教養ですが、フランス語に負けない位、日本語も美しい・・・・と、一人朗読遊びをしています。 ちょうど昨年も今ごろは短歌作り遊びのコーナーをHPに載せたりしていましたが、季節がそうさせるのかもしれませんね・・・

10月1日(水) 朝日がアパルトマンの扉の上のアールヌーヴォー様式のステンドグラスに射して、キラキラするのを見て「セ・ボー・・・」(=ああ、美しい...)と、しばし恍惚・・・乳白色とブルーを混ぜたオパールのようなガラスは、まるで扉につけるブローチのよう・・・ 細い道を通ってくねくねした通りに出くわした昨日の感動です。 まるで不思議の国のアリスになってお菓子と宝石の家の通りに着いたようでした。 やっぱりナンシーに来てよかった・・・幸と不幸の繰り返しで忙しいIZUですが、10月は芸術の秋、写真もまた撮って来ます! そして絵も描きます!(果たしていつまでこの気合が続くか・・・・)

9月30日(火) 朝日新聞をネットで毎日目を通していたけど、見落としたか載っていなかった事を外国の新聞で知らされましたが、 9月18日、400人の日本人観光客がおよそ500人の中国女性を集団買春した事件があったそうです。 ましてその日は日本が中国を占領した悲しむべき記念日らしく、中国では再び反日感情が勃発しているらしいです...一体なんの大饗宴で、どんな団体だったんでしょう...そういうことは日本内でやって欲しいものです。 でもどうして朝日新聞にこの記事載ってなかったのかな〜。。。

9月29日(月)みっちゃん、メールでイタリアの義母のこと心配してくれてありがとう! やっぱりこの停電で81歳のおばあさんが階段から足を踏み外し亡くなったそうです。 イタリアは国民投票の結果、核で電気をつくるのを廃止して依頼、電気をフランスから輸入しているんですって〜。 そして運悪く、この日はローマで一晩中店を開くオールナイト・サタディの初日だったらしく、「まったくフランスの野郎〜!!」と、ローマッ子達のブーイングはすごかったようだけど、結局はフランス側の問題じゃなく、スイスに電気が通過する途中に悪天候で故障したみたいです(笑)。 で、フランス語の勉強?もう2、3日前でやる気は消えてしまいました!昨日はY子さんと蚤の市、今日はまた絵画教室で〜す。 土曜日、NHKでナンシー特集をしたらしいですね。 見た〜?

9月28日(日)昨日、「運命」と自分で書いて思い出しましたが、時々「素敵なフランス人のダンナさんと可愛い猫ちゃんとフランス暮らし、とっても羨ましく思っています♪」とメールを頂くことがあります。 BUT!!猫ちゃんはもう死んじゃってマース(号泣)。そしてダンナは素敵なフランス人じゃありませーん。(ガッカリ〜)。 そして一番大きな点は、好きでフランスに生活しているのではないのです... 昔、私は「フランス」と聞くだけで反発していました。 そして同時にフランス人のある人も私のせいで「日本」を毛嫌いしていました。 だから、こうしてフランスに生活する羽目になったのも因果応報なのかもしれないのです。 今はどうにもならなかった罪を反省したいけど、 やっぱり今想い返しても、どうにもならない...plus fort que moi だったのです。(わけわからないですね) 事実は小説より奇なり..って結構多いものですね...。(スミマセン、かなりモノローグです...)

9月27日(土)夜 またイタリアの新聞に変な記事が載っていました。 Vicenzaという町の静まり返った教会内で、神父が、数十人を前に説教をしている最中、「ピロピロピロ〜」と携帯が鳴って慌てて消したというのです。 もちろん、神父の携帯でした。 これって、日本のお通夜とかで、お坊さんが「なんみょーほーれんげーきょー」とやってる途中に携帯が鳴っちゃったりする事と同じでしょう。 こんな場面に出くわせたらどう思います?「あ、お坊さんも人間だから。」と笑ってしまうか、「ふざけるのもいい加減にしろ!」と怒るか。IZUは、「神や仏を信じてもいいけど、人は信じられない...」と思うでしょう。 ということで、IZUは運命は受け入れるしかないけれど、究極の決断は人の意見も聞くけど、最終的には自分で決めるようにしています。 といっても重度の優柔不断のため座禅なども試みた結果、10年近くある方法で答えを出すようにしています。これは今のところ秘密です...。

9月27日(土)昨日、 Y子さんは1年ぶりにナンシーの駅に着き、感慨無料で目がウルウルしていましたが、寮について、部屋の窓から遠くにみえる煙突のついたレンガ色の屋根を見たとたん、「やっぱり、フランスってきれいやわ〜!日本とちがってええわ〜!」と、嬉しさが頂点に行ったかのような声を出していました。 私は心の中で「いつか自分もナンシーに戻ってこんなことを思う日が来るのだろうか...そしてそれはいつ・・・?」と、思いましたが、今、自分がフランスにいることをもっと大切に思わないと・・・と改めてY子さんを通して思わされました。 でも過去の日記を読み返してわかったことは、IZUは一ヶ月のうちで気分に山アリ谷アリのようなんで、谷の時はフランスもヘチマもない!って全然ありがたみを感じないようです。 他の女友達にも話をきいたところによると、みんな「そうそう!」と言います。 とりあえず、何か今は気分が山にはいったような気がしています。 

9月26日(金)夜 やっぱり犬も歩けば棒にあたる、ってその通り♪ Y子さんとの一年ぶりの再開も嬉しかったし、歩いている途中にバッタリイタリア語の先生とあって、火曜日から授業聴講OK許可ゲット。(これで堂々といける!)その後、BARのおじさんとも又会えて前回のわだかまり解消。 デッサン教室では4歳のニコラ君と友達になりスキンシップ沢山、デッサンだか保母さんやってるのか分からなかったけど、久々の子供相手は楽しかった〜。 そしてまた乳母車押してる全然知らない主婦と、子供をあやすのがきっかけで、お喋りしながらスーパーまで...そしてうちの前のギリシャレストランのオーナーに入ったことないのに「ぼんそわー」と言われ、と、昨日とは雲泥の差の一日でした...明日は大家さんがコーヒー飲みに来る日です。これも楽しみ〜。

9月26日(金)朝、ネットの朝日新聞で、宅間被告に異例の一審死刑確定と言う記事を読みました。彼は私より少し年上のせいか、なんだか彼の気持ちが分からなくも無い気がしています。 もちろん罪は大きい...でももし宅間が日本じゃなくてヨーロッパに生まれていたら、こんな犯罪者になったでしょうか...?頭の悪い貧乏人も入試なしで、国立大学で勉強する機会をもらえ、日本のように受験戦争なんて世界はありません。 家庭の事情や、諸々の事で宅間のように大学絡みの劣等感をもつ人は五万といると思います。 (IZUもその一人です。)その逆に卒業は至難の業ですが、本当に勉強が好きな人だけ残ればそれでいいと思いませんか? そして昨日の新聞では某病院の30代の医師3人が動物実験しかしたことがなかったので、人体で手術をしてみたいと、腹腔鏡手術を行い60代の患者を死なせてしまいました。 こんな医者を作ってしまう背景を思うと、なんか日本の将来は末恐ろしい気がします...教育もなんでも「先端、先端」で、アメリカに続こうと必死で基礎研究を怠っています。 こういうところが日本人女性が巴里でブランド物を買いあさって本場のヨーロッパ人に笑われる、という光景となんの変りがなく思えて仕方がありません....  

9月25日(木)夕方7時。ムチ打って買い物に行って、久々にスーパーで釣銭をごまかされて、もう少しで10ユーロ取られるところでした。(30ユーロのお釣りを、敵は、5ユーロ札2枚と10ユーロ札一枚で、30ユーロだ。って言い張るんだもん。確かに3枚だけど、5+5+10=20でしょ〜。) やっぱりボンヤリして隙があったんでしょう。 旅行者の方は特に、レシートと確認するまでお釣りをすぐお財布に入れないほうがいいですね。 嫌な思いで歩いていると、フト目にしたのは、フランスお馴染みの通りの名前の書いてある青いプレート、で、「昔の墓地の通り」と書いてありました。「?」となんかイイ予感がして、早速ガイドの友人に電話したところ、やっぱり、紀元2、3世紀のローマ時代の「ぼち」があった所だそうです。 「やーん、こんなご近所にIZUの憧れのローマ帝国の人たちが眠っていたなんて...」と歯がゆい気持ち一杯になってしまいました。 墓地なら神様への奉納品とか、天国にいくために死者にもたせるものとか、興味深いものが一杯あるのでしょう。。。ここ掘れワンワン!ナンシー中の犬、集まって掘って〜! と思っても今は立派なお屋敷通り...
 大好きな人がそばに来てるのに、会えない心境です。 あ〜、今夜は眠れない!!!
やっと私の細胞が生き返ってきました! メルシー・ローマの死者達!! アーメン・ソーメン・・・・・♪

9月25日(木)相変わらず昨日も引き篭もって、友達を呼び2時半から7時までフランス語の勉強。 ナンシー大学でフランス語の授業を受けていた時は、宿題するのも嫌だったのに、今、何の強制も感じないとやりたくなる自分がつくづく、あまのじゃくだな〜と思います。 日本の母には電話で「家にっばっかりいないで、一人でパリまで遊びに行く位じゃなきゃダメじゃない!」と葉っぱをかけられました。 ごもっとも! でも実際住んでると、悲しいかな、新鮮味が薄れるというか、ありがたみが分からなくなるのも本音です...。とりあえず、明日は日本から来るY子さんと会い、その後、デッサン教室見学。そして月曜日は絵画教室、火曜日は大学でイタ語の授業を聴講してこようかな〜と、月火金と外出を余儀なくしてウォーミング・アップ、そしてまた羽ばたきマース。 (日本へと...♪)

9月23日(火) 最近、何かに執り付かれた様に、家で能率の悪い勉強ばかりしていて、すっかり外に行くのが億劫になり、エネルギー不足のようです...こないだノリノリの時期は、変な自信があって外にいくのも楽しかったけど、今日は鏡みても全然イケて無い...何故に同じ人間で日によってこうも違うんでしょう...ということで、今日は一日中家に引き篭もっていたかったけど、食料不足のため、仕方なく、(どうせ近くまでだし)と、スッピンに近い状態でソソクサと下を向いて買い物にいきました. で、やっぱりこいうときに限って、人と会ってしまうんですよね...会った相手は、ちょっと遠くに引っ越してしまってなかなか会えなくなってしまったBARの常連客だったおじさん...。今まで何回かワインをご馳走してくれたりと親切にしてくれてたので、今度は私が一杯ご馳走する約束をしていたけど、手だけ振って避けてしまい、帰りは彼がまだ居たのを知りつつ、BARを無視して急ぎ足で帰宅....。嫌な女だと思っているでしょう...ごめんね、ドームおじさん。女心を分かってください...教訓、「勉学は女の身を滅ぼす..」皆さん気をつけましょう〜。 

9月22日(月)今日は絵画教室ドキドキ見学にいってきました。 Annickという名前から性別がわからかったけど、おばさんの優しい先生でした。 生徒は月曜の昼間コースなんで、おばあさん、おじいさん、主婦2人.一応絵画&グラフィズムコースで、パンフには色々と教えてくれるように書いてあったけど、実際は「すきなように描いてて」と始まり、みんな好き勝手な絵を描いて、私は何をしたらいいか分からず、とりあえず先生のもっていた絵葉書を模写しました。 「トレ・ビアン!」そして「絵を描くのに規則はないのよ」の指導に、「信じていいのかな...?」と思いましたが、自由な雰囲気が結構気に入りました。(家で描いてもあんまり違いはなさそうだけど...笑) とりあえず続けるつもりです♪

9月21日(日)日曜の夜、寝る前です。土日の昼、夜と4回食事の支度をするとなんか疲れてしまいます。4回ともベジタリアンメニュー。...これが結構大変なんです..ネタ切れで....あ、でも昨夜は不二子ちゃんと彼を呼んだんで、パエリアも作りました。 これはフライパン一つで出来て簡単でした。 明日は絵を習いに行こうと思い、その見学をしてきます。 どんな先生かな〜...今から緊張です。 そしてたった今、リンク追加しました 「にがおえ大画報」。 この画家、あきらしゃんは、なんか惹かれるものがあります。 絵もいいけど、IZUは日記を拝読するのが目下の楽しみです。 日本から離れると、こういう方の日頃の一言がとっても貴重で新鮮で勉強になります。 頑張って毎日書いて(描いて)下さいね〜!

9月19日(金)ラジオを聞いていたら昔のイタリア映画の話でした。 日本でもお馴染みの、ドルチェ・ヴィータ(=甘い生活)、フェリニーニ、パゾリーニ(監督名です)と、イタリア語なら最後から2番目を朗らかに伸ばすのに、フランス人が話すと、ドルチェ・ヴィタ、フェリニ、パゾリニ、と一番後ろにアクセントを置きます。要は、北海道を、「ほかいどォ」(ォが一番強いアクセントです)、と言ってるようなものです。 IZUは、これが田舎っぽくて虫唾が走るように気持ち悪い!そして鼻詰まりみたいにモニョモニョ話してるのを聞くと、「はっきり喋って、ハッキリ!」とつい、ラジオに向かってコブシを握ってしまいます。 ドルチェ・ヴィータよりドルチェ・ヴィタの響きが好き。と言う方は、フランス語が性にあっているのでしょう。 どっちの響きが好きかで、自分がイタリア派かフランス派かチェックしてみてくださいね!

9月18日(木)サッカーファンの皆様ニュースです!IZUはスポーツ全般に興味がないですが面白い記事を発見しました!イタリアの新聞(スポーツ誌じゃなく、毎日新聞なみの新聞)によると、以前中田のいたイタリアのチーム、ペルージャでは、今度ノルウェー人の金髪女性をメンバーに採用するそうです。女子サッカーチームに男をメンバーにするのは禁止だそうですが、その逆は許されるそうな〜...本当かな〜?

今日が本当の9月17日です。今日は、友人が引越ししたんでペンキ塗りの手伝いにいってきました。 日本と違ってこっちでは勝手に借家にペンキを塗っても全然問題ないようです。 「なんか学芸会の準備してるみたいで楽しいね〜」なんて喋りながら始めたら、そのうちお互い黙々と、職人のように真剣そのものになってきてしまい、「こういう仕事、好きかも...」とペンキの匂いに酔ったのか悦にいってしまいました。 「何も考えず寡黙に作品を仕上げることに集中する快楽」。 これって、芸術家や職人の特権じゃないんですね。 でも明日続けたら、この快楽が「義務」という名に変る恐れを感じ、「あさって、また手伝うね〜」と言って帰ってきました。 (多分友人は一刻も早く終わらせく、明日も手伝え〜!と内心思っていることでしょう。ごめんね。 ふじこちゃん、せっかく好きになったペンキ塗りを嫌いにしたくない気持ちわかってね〜。 そうすれば、又あさって楽しい気持ちで頑張れるから...) こんなわがままB型を理解してくれる、ふじこちゃん、いつも感謝しています。

9月17日(水)J.バーキンとセルジュ・ゲンズブールの古い歌、「ジュテーム・モアノンプリュ-」を聞いたことがありますか? バーキンが、「ジュテーム、ジュテーム、オー、ウィ、ジュテーム」とシツコク迫って、ゲンズブールが、「モアノンプリュ-(ボクは愛してないよ)」と、低音で甘く囁くのが、「うそばっかし!」って感じで微笑ましいのです。 で、その後また低音ボイスで「ジュヴェ・ジュヴェ・エ・ジュヴィアン・オントレ・テ・レン、エ・ジュム・ルティアン!」と、「じゅげむじゅげむ」のようにで続くのですが、意味は、かなりキワドイことを言っているんです。(やっぱフランス語勉強してて、よかった〜。意味がわかって!) 二人は年は離れてるけどこんな関係理想だな..。バーキンはゲンズブールと別れて他の男の人とつきあい、それぞれ父親違いの娘を3人持ちましたが、彼の死後も「今でも愛してるセルジュに捧げる歌です」なんて誇らしげな笑顔でコンサートしているのが好感が持てます。(中村玉緒と勝新太郎の繋がりは嫌だけど〜)「一生に3回恋愛できたらもうけもの」と何かで読んだことがあります。 みなさんはもうクリアしましたか? 

9月16日(火)日本の皆様残暑お見舞い申し上げます。こちらは朝窓を開けると、ヒンヤリ冷え込んでます。「おりたちて、今朝の寒さを驚きぬ 露しとしとと 柿の落ち葉深く」by伊藤左千夫 こんな感じです。柿の葉は落ちてないけど、至る所に大きな栗が一杯落ちています。でもなんか食べれない栗みたいです。 この数日、外出するにはもってこいの気候なのに、引き篭もって勉強(?)に集中していました。というかカード作り。今ごろ発音記号のカードをつくって色分けしたり、マーカーで沢山色ぬったり、本にインデックスつけたり等など...頭は全然使っていないのに勉強したような満足気分になっちゃってます。(小学生以下です。) 家にばっかりいては、日本にいるのかフランスにいるのか変わりないナ〜と思っても、家で一人遊びに夢中になる性質です。 でも今日は午後から美容院、水に近いようなお湯で、顔にガーゼ-もかけてもらえず、ワキガ臭い匂いをかかされて超手抜きのシャンプー。 あ〜、考えただけで憂鬱で〜す。 

9月12日(金)ナンシーにもアラブ人地区みたいのがあります。 昨日はそこでしか売ってない物=オクラを選り分けながら袋に入れていたら、黒人の太ったオバサンがきて「あなたもオクラ好き?アフリカ人も好きよ〜。アジア・アフリカって似てるところあるわよね!でもフランス人は食べないわね〜」なんて気さくく話し掛けてきてくれました。 「どうやってたべるの?」と聞かれ、「日本じゃ、生で食べることもありますよ」と答えたら、「そうでしょ、そうでしょ、こういう風にでしょ、うちの子達も好きよ〜」と、バナナのようにオクラをもって食べる真似をしながら笑ってました。 (え、ちょっと違う。。。)と思ったけど、「そうそう!」と言ってしまいました。一緒に店内に入り会計をしようとしたら、ササーっと店の隅から得体のしれないものを持ってきて、「これ、すっごく美味しいのよ、お勧めよ!」って見せてもらったら、「ひっからびたヤニ色したフナ」でした。(かなりグロイ!) フナの燻製らしいけど、水で煮ると美味だそうです...まさにエキゾチック・フランス!でした。 (次回の一時帰国のお土産、これにしようかな〜。) 追伸:昨日買ったボタンは、ビニール袋に入っていて16個中、4個こわれたボタン、4個穴があいてない。つまり半分しか使えませんでした。。。だまされた〜...

9月11日(木) 今日はあの事件から2年目..2年前のあの時期はダンナの就職先が決まらずモンモンとしていた中、あの衝撃映像を見て益々、飛行機恐怖症になったところ、その1ヵ月後いきなりフランス行きが決まり、二人とも言葉は全く判らないし、日本を去らなきゃならないという奈落の底におちたような気分になっていたものでした...。 2年後の今日は、警察署に行く途中、かわいい手芸専門店を発見し、貝がらの形の小さいボタンを沢山かってウキウキ気分になり、帰りはマルシェへ。 小あじを7匹買ったら(0.5ユーロでした)、魚屋のおばさんが、ニコニコして何かいってくれたけど、早口でわかんなかった...でも嬉しかった。 そしたらランチが食べれるカウンターの魚屋のおじさんが遠くから手を振ってくれた。これも嬉しい!お昼は家の前のパン屋のバゲットサンド2.3ユーロ買ったら、「サンドイッチかった人は、何でも好きなケーキが1ユーロで買えますよ。」と言われ、勿論、買い。 これからケシの実が沢山ついたバゲットをかぶりつきます。 .....なんて生活です。 いつ日本に戻れるか先のことを考えると暗くなるけど日々のちょっとしたことに救われています。

9月11日(木)ふ〜。明日(11日)は警察署(Hotel de Police)にいきます。これで3度目...。どうして住所変更だけで3度も足を運ばなきゃならないんでしょう?? 遠いのに〜。 「4度目来い」、って言われたらパンチの効いたイヤミの一つでも言いはらってスカっと帰ってきたいけど、きっと「Vous etes.じゃなくって...Vous...(あなたたちは、えー、と。。)」なんて上目遣いで動詞の活用考えながら話して、敵に「クカ〜」って寝られちゃうが落ちでしょう...。いいたい言葉がでない人魚姫の気持ちがわかる今日この頃です。(私があなたを助けたのよ!あの女じゃないのよ!)と。。。かわいそーに〜...。

9月10日(水)ギュ-っと抱きしめてわきの下に顔をうずめると、陽だまりの匂いがし、彼女の口臭からは海苔とかつお節の香ばしい香りがプーンとし、すあまのような桃色のお鼻と桜貝色の薄い唇ごと丸ごと食べちゃいたいくらい美味しそう! 白いネギのような腕を時々かんでみると、「フニャ」っとちょっと泣くけど、ゴロゴロいいながら、なすがままになっていた...と思いきや、いきなり、「ガブッ」と容赦なく人の鼻の頭を噛んでくる凶暴性もあって。。。あ〜、楽しかったな〜。 24年も一緒だったんだもんね...ビタミンネコ不足です...

9月9日(火)でも本当は8日です...今日はちょっと気持ちが重いです...明日は嫌なところに行かなきゃならないから...それになんか夏の疲れかな? 最近下らないことを書きまくってた自分がバカみたいに思えてきました...今は全て受身になりたい気分です....。

9月8日(月)ドナルド・キーンの「日本人の美意識」という本に感慨深い一文がありました。 それは「一体私は自分の人生のうち果たしてどれぐらいの時間を、日本語の勉強に費やしてきたのだろう。」・・・・です。(全然、美に関係ない!) 立場は全く違うけど、私も若かりし頃、休日家にこもってコツコツと背中を丸め、趣味で伊語をやっていたことを想いだし、(クラ〜イ) そして今、またフランス語(これは自分の意志とは裏腹&そしてそれ程やってない)...「この時間とエネルギーは何のためになるのか?やったところでオマエはただの主婦だ。無駄だ!」と悪魔の声が聞こえ初めてきました。 「一理あるある!」と思ってると、横から天使が「勉強しておいて損なことはないのよ。今にいいこともあるわよ!」と囁くし....さてどちらが正しいのでしょうか? でも答えはもう既に私の中にあります。「やりたいときにやる。やりたくないときはやらない。理由は考えない。」です。 これってちょっと動物的?それともナチュラル派? この考えを他人に迷惑にならない程度に、他に応用してもいいのかな? いや、単純すぎるかな? また考えちゃってエンドレスです。。。。(←決断力なしです。)

9月7日(日)今日は夏の間お休みしていた「オトメのための日本語勉強会」をしました。 で、講師は私じゃなくてダンナです。 やっぱり苦労して日本語を覚えた人は、理屈がわかってるんですね。 ちょうど今朝のイタリアの新聞に「男性には一夫多妻のDNAが組み込まれている。」って書いてあったんで、ハーレム状態にさせてあげるのもダンナ奉公です。 (いい妻だな〜。でもイタリアの新聞って信憑性のないことばっかりです。)そんなことよりこの数日、メールを頂きぱなしになっていてスミマセン...T子さん、mimiさん、K美さん、N美さん、みっちゃん、M子さん、じょじょにお返事しますね〜。 やっぱり秋がフランスを誘うのでしょうか? ナンシーでお会いできるのを楽しみしています♪

9月6日(土)IZU家は、子供もいないのにずっとミッキーマウス購読者で、特にパペリーノ(ドナルドダック)が大好きです。慢性失業者のパペリーノと、「お金がすべて」のド・ド・ドケチなパペローネ(ドナルドダックの大金持ちの叔父さん)の辛口漫画がいろいろためになったりして...(笑)(でもあんなの読んでたら子供達がみんなケチになっちゃいます)で、最後のページの読者からの「心の一角」コーナーを読むのがまた面白いんです。 今日はトリノのアレッサンドロ君からの手紙でした。 内容は・・・・「ボクは女の子に全然ついてないんだ。 付き合いだしてもすぐに逃げられちゃって...。10歳じゃソウルメイトを見つけるのには早いけど、でもボクは危機のモメントに誰かそばにいて欲しいんだ。 両親や友達じゃ足りない。 ボクの年でアモーレはそんなに重要じゃないかもしれない、でもボクは淋しいんだ...」 ですって!ただビックリ! 10歳でも恋人の役割がわかってらっしゃる!おばさんじゃ相手にしてもらえないかな〜♪

9月5日(金)ナンシーに来る前、留学生の紹介で、長年巴里に住んでいたイタリア文学専攻の先生(伊人)を紹介され、みんなで学食で食べたことがありました。 その時私に「いいかい、イタリアと同じと思ってフランスに行ってはいけないよ。 僕らはクオーレ(心)重視だけど、奴らはエスプリだから。」とフランス人学生の目を盗んでコソッと言ってくれました。 その時から 「エスプリ」=「まゆつば」のイメージが私の中に芽生えてしまいましたが、フィリップ君の発言で、また「エスプリって何?」の疑問が再上しました。隣国イタリアのTVと比較しても違いはあるようで、フランスではニュースキャスターはインテリの怖そうなおばさんばかりです。 「こんなんじゃ、イタリアじゃ誰もTVみないよ、ハハハ。」とイタ出身のダンナが言ってました(単純バカ)。 でも確かにあちらのTVは肌ツヤのいい美女ばかりでした。 あと日本に比べると金鳥の電気蚊取り線香のようなあんな馬鹿げたコマーシャル皆無です。 これもエスプリが邪魔しているんでしょうか? なんか比較になってないですが、とにかく裏を返せば、「エスプリを知れば、あなたもフランス社会デビュー♪」という事でしょうか...(フフッ) でもその前に言葉ができなきゃ〜...まだまだ道のりは果てしなく遠いのであります...(その前に日本に帰るのが理想ですが〜)

9月4日(木)今日が正真正銘4日です。 友人Kとお昼ごはんを一緒に作りながら、お喋り&フランス語の勉強をしました。 彼女の選んだ雑誌の記事はフランスで今ちょっと話題の「恋人からの暴力」です。 というのも先月、女優マリー・トランティニヤンがこのせいで亡くなったので、メディアはその話でもちきりでした。 フランスでは毎月平均6人の女性が、夫や恋人からの暴力で命を落としているそうです。 ラテンは血が濃いのでしょうか? 留学を考えている大和撫子の皆さんが、こんな犠牲にならないことを祈ってます。 でも人によりますね。 IZU家のイタリア人は自称日本人、全然ラテンは入ってないです。ベジタリアンだからお坊さん風、そして仕事きっちり派です。(つまんなーい!) IZUはその逆、ラテン度ギンギン、ちょっとムラ気(?)です。

番外編(お友達オンリー):8月30日の「旦那が出張でおらんうちにこっそり食事会」はど〜だった?の問い合わせメール、多数ありがとうございました。 ここで報告させて頂きます。 「フランス文学史におけるスカトロギアについて」です。(なんて下品な!でもちょっとだけしたネ。聖徳太子君♪) そして若い男女(?)が集まれば、話の内容は決まって「イ・セ・イ」について(笑)。 宴もたけなわの頃、「女の体のどこがすき〜?」卑猥な質問に自称プレイボーイの聖徳太子が、「うーん、そうだな〜..」とちょっと考えていた隙に、今まで殆ど喋らなかった真面目な信長様が、「あ、ボクはですね〜。足!です! あ、太いのは絶対ダメですよ。 こ〜、くびれの部分と、脹らんでる部分と〜...。」と太子君をよそに、延々と語り始めちゃったのでみんなビックリ〜。(いつもの信長様じゃな〜い...) そして女子に大ヒンシュク! 「じゃ、フィリップは?」とフランス人に振ったところ、すかさず涼しい顔で「ボクは、エスプリ、これが一番大切!」といって恋人の頭をナデナデしたのには、日本男子一瞬ボーゼン...口開けたまま。でした。(見習って!ですよね) フランス人ってやっぱり「なにがなんでもエスプリ!」好きなんですね。 っていうか、バカになれないのかな〜。(本心は知らないぞ〜)で、もちろんその逆、男のどこがすき?質問もあったわけで、あっというまに夜は深けてしまったのでした...。(一応夜の会だったんで、いつになく下品でスミマセン...みんなこの酷暑を生き抜いた一体感で盛り上がってしまったようです。)

9月4日(木)東京の猛暑と雷雨大丈夫でしたか?こちらはこの秋はじめて暖房たきました。本当はまだ3日です明日(4日)のためにスペースだけ確保、のつもりだったけど、ちょっとだけ、書いちゃいます。 日本のみなさまと時差もあるしね♪ あなたが働いてるとき私は夢の中。私が起きているとき、あなたは夢の中。 でも最近は起きてるときも夢心地なのです。 何でだろう...ルンルンです。起きてる時は下らないことを書き書きしてるのが大好きになりました。 描く方はどこえやら〜?で、料理は大大大嫌いになってしまいました〜。 えー、4日のスケジュールはフランス人友人とお勉強です。 きっとイタ語でおしゃべりに終わってしまうのはわかりきってるんだけど〜。 

9月3日(水)2014年3月21日小惑星が地球におち、人類最後の日となります。 (と、昨日のイタリアの新聞に書いてありました。なんか説得力ない?)本当だとしたら、あと10年ちょっと。 余命10年、何をしますか?どう生きますか? 私は後悔のないよう素直に生きたいです。 IZUは昔、職場で、シャイだけど優しくてちょっと好きになりかけた年下の男性が、突然の病気で目の前で亡くなってしまったことがありました。もう頭の中が真っ白になってしまい、それから自分の気持ちを隠すのをやめよう。 と誓ったものでした...。 また気持ちを伝えないまま目の前から消えてしまったら嫌だから.... (でも彼のお母様とは今でも時々文通しています。) でも、あの世も悪くないような気もしています。 死んだミーコや、ひいおばあちゃんとかと会ってあたしの知らないご先祖様を紹介されたり、ちゃぶ台で色んな昔話をきいたりできて楽しいだろうな〜、冥土の土産は何がいいかな〜、ナンシー名物マカロン?なんて考えてしまう死後の世界肯定派です。 (「異人達の夏」あの映画も泣けました。浅草舞台で、秋吉久美子がよかったです。)

9月2日(火)うちの通りの映画館で「7ans de Mariage](結婚7年目)という意味深の映画が放映されているようです。フランス人は7年目でどう行動するのか見てこようかな〜と思いましたが、ポスターがイケてなかったんで、あんまり面白くなさそうな気が。。。見なくてもなんとなくコノテのは想像つきますよね。 妻は夫だけじゃ精神的に物足りなくなって、刺激をもとめるが、結局悪い男やプレイボーイに会ってプライドをズタズタに傷つけられ、結局夫の元に戻っていく...。こんなつまんない内容じゃガッカリですね。「仕立て屋の恋とか」「ラスト・タンゴ・イン・パリ」とかもっとシリアスなのがみたいわ〜。(でも最後死んじゃったりするのはヤダナ...) 関係ないけど、「聖なる酔っ払いの伝説」ああいうの好きです。 面白い映画最近みてないな〜。

9月1日(月)一昨日から急に冷え込んで、燃える夏もダンナの帰宅と共にピッタリ終了。10日ぶりに会った瞬間に、「あっという間だったね!」と言ってしまい、かなりがっかりしていました。「淋しかった...」と言われたかったそうです。(バカモノ〜!こっちとら、今日からまた肉・魚・卵を使わず、さらに油を熱しないベジタリアンメニューを考えなきゃいけねぇんだ〜by江戸っ子)が、本音です。 よく7年間もそんな食事つくったな〜と、我ながら関心してしまいます。 イタリアン精進料理レストラン開ける自信アリかも。 でも日本では納豆とぬかみそだけで満足していました(笑) あ〜、また、そろそろ巴里まで納豆買出しにいかないと〜...どなたか納豆持って日本or巴里から遊びにきてくださーい♪ ヘルプ・ミー!

8月31日(日)眠いです。。。。今は朝の6時半...昨夜は夜更かししたのに、朝6時前に電話があって飛び起きたら母だった...パソコンの調子が悪いとかで...もうヤダ...母の電話をまちながらヒマつぶしの日記です.あとで書き換えます...いい夢みてたのに〜

8月30日(土)昨夜は「旦那が出張でおらんうちにこっそり食事会」を行いました。 メンバーは仏語ベラベラのナイスガイ聖徳太子と茶ソバ一年分プレゼントしてくれたダンディ・信長とフランス男性キラーの八百屋お七&おのおの恋人たち2名(フランス人)&卑弥呼(IZU)の豪華キャストでした。(by日本歴史占い) 今回は前日「外でランチでも?」と声をかけたら、何故か即行翌日の夜、IZU家に〜。でもナイス反応の友人たちに感謝♪で、居酒屋IZUでは、鮭缶&大根卸し、おむすび、ニシンのマリネポテト和え、野菜スティック自家製味噌マヨ、茶蕎麦、オムライス、ホットケーキ、マスカットと、とりとめのないお子ちゃまメニューでシワが心配なくらい笑いまくり、8月最後のいい〆になりました。(お皿洗うのに1時過ぎまでかかったよ〜ん。)
      旦那は明朝ナンシー着です。 そして私の夏もおわりです。。。。

8月28日(木)フランス語が好きになるにはどうしたらいいかと、考えに考えたあげく出た答えが、自分が、若き日の大原麗子のように鼻詰まりみたいな甘ったるい喋り方ができるようになることを想像することだと思いました。(岸恵子をイメージしてもダメです) 「ナンシー」も普通のカタカナ読みではないのです。「ナぁンシィ〜」なのです。 「君と一緒」は「アヴェック・トゥワぁ〜」「私は〜したいです」は、「ジュブドゥレ」 「訪ねる=ヴィジテ」 「君と一緒にナンシーを訪ねたい」=「ジュブドゥレ・ヴィジテ・ナぁんしぃー・アッヴぇック・とぅわぁ〜」です。 そして最後に「じゅて〜む!」でも「さば〜?」でも「マモン=ママ」でも何でもいいから知ってるのをつければ、立派に役者になれそうです(笑)。女性はあくまでも色っぽく、男性はサラッとキザに...日本でやったら恥ずかしいけど、こっちはこれが普通です♪ 興味のある方はナンシーにきて一緒に物真似感覚でフランス語を喋りましょう!

8月27日(水)フランスにいるからフランス語が自然に話せるようになる。なんてことは奇跡です。 旦那や恋人がフランス人ならともかく、家で日本語OKの生活、日本人の友人がいたら、フランス語使わずに生活することは全然問題ないのです。 フランス大好きで、恋人がフランス人なら一生懸命頑張る気にもなるけど、そうでない私は、頭ひっつめてメガネかけて、ただひたすら地味な勉強する以外道がありません。 でもそろそろ飽きてきました〜。

8月26日(火)お使いのかえり、町で貝殻を拾いました。 夏の名残でしょうか。巻貝に砂がはいっていたので、子供がバカンス帰りに海岸で拾ったもののようです。 そしたら13年前シチリアに行ったことを思い出してしまいました。 イタリア馬鹿していた懐かしい時代です。 あのころは若さで無茶苦茶、暴走中。 なのに今はすっかり真面目な主婦になってしまいました...(いいのかな、これで....) 

8月25日(月)ラテンのまなざし再確認しました。昨日は友人達とマルシェ、食事、そして森にブラックペリーを摘みに連れて行ってもらいました。食事中、フランス人男性の眼差しは色っぽいんだな〜とつくづく、ラテンを感じました。首をちょっと斜めにして人の目をじっと見ながら、終始目を細めて微笑む。時にウィンク。 こういうのは老若男女、ラテン人って人なつっこくてチャーミングだな...と私の好きな点です。 別に如何わしいんじゃなくて、話をしている相手へのエチケットなんでしょうね。 だから雰囲気もよくなって、会話も盛り上がる。 日本人も真似しなきゃいけないな、と思いました。 こんな状況だったんで、私も鼻の下伸ばしっぱなしで文法なんて関係な〜い!みたいな超適当な会話をしました。 でもお陰でとっても楽しい日曜日になりました!M美ちゃん、企画してくれてメルシーです。

8月23日(土)やっぱりヤル!って気合いれて大文字にしてみました。泣いても笑っても当分フランス暮らし。 弱音を吐いた所で助け舟がくる、といったものではありません。辞書引くのみ! 生きていくために現地語くらい話せなきゃ!! 明朝はナンシー近郊のマルシェに、仏♂&M美さんと仏♂&中国女性夫婦と私の5人で行くことになりました。 会話についていけるように今夜は一夜漬け勉強します!関係ないけど8月21日が祖母の命日で、お墓参りのきっかけで母にあるいい事があり、今日の電話の母はとても幸せそうでした。 最近、母の喜び=私の喜びと思えてきました。 白秋の「母は我がすべて」なのです〜。(会えば必ず喧嘩するのにね〜)

8月21日(木)フランス語って本当にヤダ...何度も止めようと思ったけど、今日はホントにやになっちゃいました。というか、「私には無理」かも...。 何が嫌かというと、リエゾンです。リエゾンというのは文中の前後の単語がはっきり区切れず、まるで一つの単語のように聞こえてしまうのです。 今日の極めつけは、「ラ・クルチュー、セ コモ ラ コンフィチュー=教養はジャムのようだ。」ここまではいいんだけど、その後、「モアゾノア、プリュ・オン・レタル」と続き、「モアゾノア」が一つの単語かと思ったら、moins on en a, と書くそうです。イタリア語式によめば、モインズ・オン・エン・アで済むのに...(涙) 意味は「教養はジャムのようだ。少ない人間ほどぬりまくる」みたいなものでしょうか。 意味はどうでもいいのだけど、読み方なんとかならないものなのかな〜. こういう例をいろいろご存知のフラ語の達人様、教えて下さいませ★( 今日里親募集のリンク追加しました。)

8月20日(水)今日は友人と家で仏語の勉強をする予定でしたが、ほぼお喋り会となってしまいました。 それもそのはず、私の気持ちは明後日なんとか日本に帰れないかな〜と、突然気持に羽が生えてしまい勉強どころではなかったのです。 でもバスのチケットを買うような感覚ではエアチケットは買えないモンですね…ナンシーに格安航空券を扱う旅行会社も無いことから、やはり11月末まで我慢しようと思い留まりました。 突然帰って驚かせるより、会いたい人とランデブーをとったりして有意義な一時帰国をする方がいいかな...と、またもや「待つ楽しみ」と称して自分を紛らわしています。 我慢した分、ご褒美があるといいな〜。。。

8月18日(月)フランスもやっと日本並みの気温になりました。現在22度。 公園はマロニエの枯葉が舞ってるし、このまま早く秋になってほしいです。。 昨夜から貰うあてもない花束のことを考えていました。 青い色のツユクサ(?)と、夕顔のつぼみ、ぺんぺん草、ねじれ草、ねこまんま、それからツル科でクルクルした茎が可愛い白い花がついた小さなさやいんげんの枝もいいな...これらはこっちにきてから全然お目見えしていません。 すべてイトオシイです。

8月17日(日)先日フランス人の友人と色の組み合わせの遊びをしていたら、彼女はブルーとピンクが大嫌いというの事が判明しました。 とくにサーモンピンクは「この色はね、何していいか分からない時、人はこの色を選ぶのよ。洋服でも壁の色でも...」と言ってました。確かに無難な色だけど私の夏服もこの色多いな〜...とギョっとしつつ、ちょっと守りに入っているのかな、私の人生。。。なんて思いがよぎってしまいました。 ちなみに彼女の好きな色の組み合わせは黄色と赤。 この組み合わせは私は絶対受け入れらいけど、彼女とは不思議にとっても気が合うのは何故なのかな〜...という私もブーケならピンクと白の甘いだけ花より、ピンクと紫、青とか多色のブーケがいいな。色の効果って面白いですね。

8月15日(金)やっと昨夜、天の恵が降り、皆、外に出て雨を浴びて大喜びしていました。この機に自然をもっと大切にしなくてはいけないですね。 旦那も一日違いでカナダの停電を免れ帰ってきましたが、なんか考えさせられてしまいました。 レンジを買うつもりだったけど、しばらく蒸し器で我慢しようかな。なんて思ってます。 ドイツの友人がヨーロッパに住んで価値観が変った。と言った意味がなんとなくわかるような気がします。 無ければ無いなりの工夫をする昔風の生活も「いとたのし」です。 一昨日の夜の公園も冷房のない生活の知恵、そしてビアガーデンには会社帰りのサラリーマンなんて皆無で、仕事がおわったら、おじさんたちもプライベートな時間は好きな人と語り合うという、日本とは違う生活スタイルです。 でも東京のような大都会では一度家に帰ってから、気軽に友人と会うには遠すぎる距離だったり、適当な場所もなく以外と孤独で閉ざされた生活になってしまうのでしょうね...こういう社交面では日本は遅れているな。。。と思います。 フランス人はもっと大らかで、人生をエンジョイしているよう。。。早く日本の都会に敷居の高くないオープンな社交場がもっと沢山でき、仕事や年齢差関係なく肩の力をぬいた人間関係を築ける社会になるといいな〜。。。「社会を変えるには個人を変えるか、個人をかえるには社会を変えるか」ですね。

8月14日(木)今日で独身貴族終了...。というのも旦那が約一週間カナダに行っていて、留守番をしていましが、もうパリに着いたと電話がありました。 暑さのせいで品行方正な生活をしていたのが少々悔やまれます。。。昨日のお昼は仏人友人とチャーハンを作って食べ、色々な布をつかって、色の組み合わせの遊びをし、午後は冷房を求めファミレスでお勉強のフリ。 その後、夜8時に別の年上の友人(♀)とS.Marie公園に行き、バッタリで出会った大学で詩を教えているマダムと約一時間の立ち話(トホホ。。。)彼女はTVで四国をみて日本贔屓になったようでした。 公園内は木が多いので不思議なほど涼しく、恋人達は草の上にすわって野外映画をみたり、私達はビアガーデンのような所で軽い夕食をしながら、よもやま話。。。月光浴、森林浴を感じながら、ベンチにすわって語り合う夏の夜も悪くないですね☆

8月13日(水)連日40度の酷暑で、毎日氷屋さんごっこのように、沢山の氷を作っています。冷蔵庫の卵をのせるのお皿で作ると丸くて可愛いのが出来き、それを寝る前と、夜中3時に、温まった水枕と氷のうに入れるのが最近の日課です。 今朝はそのまま3時から寝れず今は朝の6時すぎ...6時半にはパン屋があくので焼きたてクロワッサンを買ってせめて優雅な朝食をします。(朝はまだヒンヤリしてます。)去年は、「夏、こんな涼しい所があるなんて知らなかった。。。日本は不公平だ。。。」と思っていましたが、やっと公平になりました。 仏人はこの暑さに驚き、職場ストが発生いているようですが、殆どの職場では冷房や扇風機さえないから、(もしかしたら病院も。。。?) 当然ですよね...(遅れてるといえば遅れてます。 というか今まで無くて済んだのがすごい〜.)

8月11日(月)この暑さはベトベト感がないのが救いです。今日は珍しく針仕事をしてみました。香りのいい小さな石鹸があったので、それを入れる匂い袋をつくり、祖母の命日にあわせ日本に送ります。 あまりの出来の悪さにビックリすることでしょう...語学の方は暑さで散漫気味です。 それより赤ちゃんができた夢みてドキドキしました。 (この場を借りて...N美さん、昨日はドイツより電話ダンケシェン!)そうそう、お米入りのデザート、久々に食べたけど柔らかい冷ごはんにプリンをまぜてグチャグチャさせれば日本でもフランスの味、再現できますよ!(だれも作る人いないだろうな。。。この説明だと。。。)

8月10日(日) もう毎日あぢい。。。雨も降らない。。。シャワーを浴びながら、いつか水がでなくなるんじゃないかと心配してしまいます。 一日中家にいると、このエネルギーの無駄使いのような無生産な毎日に罪悪感を感じてきました。。。やっぱり仕事したい。。。人が喜んでくれることがしたい。。。お金の問題じゃなくて「労働のあるハリ」が欲しくなってきました。 とりあえずイタリア語の翻訳ならできます。またはフランスのリボンとかボタンや生地・アクセサリー・お菓子・絵本などを暴利することなくネット販売しようかな...。また雑貨を買って日本に帰国のときにお送りすることもできるかな...。等など「こんなことをしてほしい〜」なんてアイディアがあったら聞かせて下さいませ。

8月9日(土)昨日はノドをいため熱がでて、タダでさえ暑かったのに尚更体がほてって、何も手につきませんでした。 そして体が弱ると気も弱ってしまうものですね...。夢で久しく母に会ってないので、新幹線に乗って会いにいこう! と気張って朝目がさめたら、自分がフランスにいることに気づきました。。。「ア...飛行機のらなきゃいけないんだ...。」と思ったらガクンとしてしまいました。ちょっと前まではフランス生活が気に入ったのにまた日本恋しい病が始まってしまったようです...きっとこの繰り返しを続けることになりそうです。 でも毎日強くいることもないですよね。 強さと弱さの繰り返しでバランス=中庸がとれればいいのですが....。

8月7日(木)ペルシエヌという窓の外側のよろい戸も閉め、太陽を遮断して家の中は真っ暗です。 この暑さではスケッチしに行くのは自殺行為なので、写真から絵を描こうと思ってもなかなか上手くいきません..。、白い紙を前にどこから描き始めていいか唸ってしまいます。。。最初の筆をおとす箇所をどこにしたらいいのか、遠近法はどうしたらいいのか。。。どなたかご指導お願いいたします。 今、日本の親と音声チャットをして日本のTVから美空ひばり特集が聞こえてきました。(もう、ひばりと裕次郎はネタ切れの証拠ですね。) 

8月6日(水)ヨーロッパは各所で猛暑です。。。毎日38度くらい続いてもうバテ気味です。。。今朝は暑いのを我慢して、新しい滞在許可書をもらいにHotel de Police(警察)に行ったけどまだ準備できていないとか。。。これでもう二回足運んでるのに。。。遠いのに〜。。。もうやだ〜。 こういう手続きはスムーズに行った例がなく泣かされます。暑さに弱いため、炎天下中はナンシー案内は休業(?)し、前から訳したかったイタリア語の本に取り組む予定です。 目標は秋まで!とやりたいことは盛り沢山です!

8月5日(火)朝起きてすぐネットで朝日新聞を読むのが私の日課です。今朝は某大学副学長の不正金のニュースに憤りを感じています。 最近は日本の首相も当初のクリーンなイメージが薄れ、上に立つと気が緩むのかと悲しくおもいます。 特に汗水流して高い税金を払っている下の身分のことを考えてほしいものです。 それに日本では国の機関は無駄使いが多すぎるように感じます。 フランスの大学では職員も先生も鉛筆一本、クリップ一個も国で買ってもらえないのです。(あるのはせいぜいチョークとコピー用紙)。 新しい机やイスの注文なんてもっての他で、どこか構内で余っているのを探して使うのです。 だからみんな物を大切に使い、余計な税金を使う必要はないのですが、日本も見直すべきだとおもいませんか?

8月4日(月)日本もやっと梅雨明けのようですね。 こちらも暑くて、やっぱり家の中も蒸します...。こんな日は冷たいおそうめんが食べたく、母に教わった、干し椎茸とその戻し汁に掻き卵を入れた麺つゆを作り、只今冷し中です。。。家中、干し椎茸の甘い匂いで充満され「あ〜、ジャポン!」と幸せの気分でソファに寝転び、徐々に買い集めているフランス絵本を眺めているミスマッチさが、至福の時です。。。昨日は又ご近所探検して写真を沢山撮ってきました。 また近いうち更新しま〜す。

8月2日(土)今日も外は暑いです。 でもアパートの中は、石造りのため、信じられないように冷んやりしているので助かります。 もう早いもので8月、来仏して1年半が過ぎ、ようやくこの生活を受け入れられるようになった気がします。(と書いてる反面、いつか日本に帰国してこの日記を自分懐かしがって読む日も待ち遠しい...。) 当初は泣いてばかりいたのに、今ではナンシーが好きになっています。。。最近の土曜日は、アパートのダンディな大家さんが午後エスプレッソを飲みに来てお喋りをして帰るようになったり、Barの前を通る度、常連客に手を振ってもらえたり、人との付き合い程度が、昔の日本のように温かでスローなところが、心に染み込みます...。美術館のみなさま、お肉屋のご主人、ご近所のみなさま、本当にメルシーです!(今日の気分はハイです。)

7月31日(木)今月も今日でお終い。大学の講義もなく、引越しもすみ、思えば初めてゆっくりした一ヶ月を過ごしました。 日中の日差しの強さで引きこもって、チマチマと家のことをしていましたが、来月は家の界隈のスケッチに挑戦したいです。

7月30日(水) ラジオを流していたら、「レオナルド、マシン、イタリア。。。」などと話しているので「あー、レオナルド・ダ・ヴィンチの話だ!」と判ったのですが、その後、ダゥ・ヴァンシとか言ってるので、「あれ?別人のことかな?」と思ったら、Vinciと書いて仏語は、ヴァンシと読むことを思い出しました。 最近主婦業をしているせいかフランス語が、低下一直線です。 でも3軒の相互健康保険の窓口に問い合わせ行ったり、電話で友人と仏語でお喋りや、Barのおじさんたちと他愛無い挨拶など1年半でなんとか生活に困らないようになったのはちょっと嬉しいかも。。。♪で、たまには自分にご褒美で、前から欲しかったアールヌーヴォーの模様が浮き彫りになった四角い植木鉢を買うつもりで花屋さんにいったら売り切れで、10月まで待つように言われガッカリでしたが、欲しいものがすぐ手にはいらないのも楽しみの一つかな〜。。。と思わされた日でした。。。

7月28日(月) お詫び 高知のMさんからお聞きして発覚したのですが、IZUIZU家のパソコンが7月16日から22日頃までメールが受信できなかったので、その間メールを下さった方、もし私からお返事がなかったら、こちらに届いていないということですので、再度送信して頂けますでしょうか?(お手数かけてすみません。。。) 今まで頂いたメールには全てお返事しているのですが、たまにリターンで戻ってきてしまう方もいます。 (なぜでしょう??) 

7月25日(金)晴れ 夕方、K様はじめ、この大会参加者の楽しく素敵な5名の方々とお会いしました。 皆様お時間がなかったため、レストラン案内だけで、どこへもお連れできなかったのがとても心残りです。 それなのに楽しい一時をもてた上に美味しい中華をご馳走になってしまい、申し訳ない気持ちで一杯です。 本当に暖かな方々で、HPを作ってお会いできた幸せを感じました。 思えば今までナンシーをご案内した方、みんないい方ばかりでした。。。HPを通じてお会いした方、偶然ナンシーでお会いした方、パリにおすまいの方。。。本当に寂しい思いもせず、こうしてナンシーにいられるのも、こうした方達との出会いで助けられています。 みなさん、本当にありがとう!また私がナンシーに居る間に会いにきてくださいね。

7月23日(水)晴れ 今朝は腹痛で死んでました。。。常日頃から病気に気をつけること&意思疎通ができるよう仏語またちょっとやらなきゃ。。。と思い知らされました。 午後に痛みがおさまり窓辺その6更新しました〜。

7月22日(火)晴れ やっと今朝接続可能になりました。うれし〜! アールヌーヴォーその4写真更新したので見てくださいね!

7月21日(月)晴れ またまたフランステレコムの故障でパソコンの接続ができなくなりました。(もうヤダ。。。)でもそのお陰で絵も一応仕上がり、今朝も小さないたずらがきもできました。 TVとPCがないと、絵がはかどるような気がします♪ そして昨夜は、第14回世界移植者スポーツ大会の開会式がナンシーのスタニスラス広場で行われ、日本チームが国旗をパタパタしながら登場した時は思わず手を振り上げて声援してしまいました。 (無人島で日の丸の船が近づいてくるのを見たような感覚でした。)どうぞお暑いですが皆さん頑張って力を出し切れるよう応援しています!

7月16日(水)晴れ (32度)今日も暑い...昨日は5時過ぎても暑かったです。。。 ナンシーにいらっしゃる皆々様、日射病にならないよう、帽子&サングラスあるといいかもしれないです。 そしてレストランではオシボリとか出ないのでウェットティッシュあると重宝しますよ。ご質問がある方、遠慮なくメール入れてくださいね!

7月15日(火)晴れ(33度)やっぱり一人の時間っていいものですね〜。描きたい絵の構図もほぼ決まったので、そろそろ昨日一昨日と店が休みだったので、食料&画材の買出しに行きたいけど、外はとても暑そうです。。。こんなときはお寿司がたべた〜い、でも無理なのでスーパーのニシンのオイル付け(1.6ユーロ)にはまってます。 なぜか茹でたジャガイモと合うんですよね〜。マルシェの魚売り場のカウンターレストランと同じ味です! ナンシーの日本人の皆さん、お試しくださいね♪

7月14日(月)晴れ(11日と同じ天気。でも爽やかで家の中は涼しいです)今日も祝日だったため、土日月3日間連続、パソコンを占領されて寂しかったです。。。。 昨夜はスタニスラス広場近くの通りでバンドが出て、懐かしのシャンソンを生演奏して老若男女&子供達が楽しそうに踊っていました。 その帰り、イタチ系動物のフェレットが道をサーっと走って逃げて行きました。 なんか聞くところによると、ナンシーはこの手の動物が多いそうです。(ペットの野生化?) 平和な街です。

7月11日(金)晴れ(たぶん35度くらい?昨日も同じようでした!) 今日は用事があナンシー派美術館に行き、2時間みっちり仏語で話を聞いたら、お気に入りの美術館もアクビがでてしまいました。やっぱりうんちくより自分の感覚で好きな作品をみるのがいいな〜。 その後、犬も歩けば棒にあたるで、BARのおじさんたちに会い、マルティーニをご馳走になりました♪ 私の下手なフランス語も一生懸命聞いてくれるような気さくな人達といい意味の昔の日本のご近所付き合いが残るような、ゆったりと時間が流れるこの街が悪くないかも。。。と思えた日でした。 明日はまた美術館、図書館、蚤の市の予定です。そして月曜日は革命記念日のため、日曜夜は広場で花火があがりま〜す。

7月9日(水) 晴れ(電光掲示板によると39度)最近はまたちょっと忙しくなってきて日記を延滞していましたが、7月後半にナンシーで行われる某大会のことで何名かの方からお問い合わせのメールを頂きありがとうございました。 大勢の日本人の方々がナンシーにいらっしゃると思うとソワソワします。 みなさんと公平に対応できたらいいな。 と思っています。 いかがでしょか?(皆様のためにこちらの天気も書き始めました。)

7月4日(金・夜)夜暗くなると、家の前の通りの街頭が付きIZUIZU家もオレンジ色の光に包まれます。最近は今までの忙しさが嘘のように十何年ぶりかで自分を取り戻して優しい気持ちになってるようです。。。。多分TVがなく音楽のある生活のせいかもしれません。

7月4日(金)和とフレンチがまざったヘンテコな部屋の中はギャラリーのように額や掛け軸だらけになってきました。自分の机の上の壁にはまだ何もないので、このスペースは自分で何か、7月中に匂い立つような絵を描くのが目標です。 頭で思っていても実際描けるかどうか。。。謎です。

7月3日(木)フランスもバーゲン真っ最中ですが、めずらしく洋服は何もそそりません。その代わり、マーブル模様&銀細工風のティースプーン2本、陶器の上にブルーの砕けたガラスが貼ってあるようなアンティック調のマグカップ2個、そして中世期の絵が描いてあるようなお盆を買いました。 高価なものではないけれど、 大切な一人限定のお客様をおもてなしする夢をみてます♪ 実現しなくても夢みる過程が楽しいです。

7月1日(火)紫のカーテン&白の唐草模様のオーガンジーのカーテンを取り付けました。風にゆれ、光があたると唐草模様が浮き出て、ブルーのバルコニーと調和して、しばし見とれてしまいます。。。来仏して初めてフランス生活の醍醐味を感じてはじめています。。。。