[ Home ] [ ナンシー市紹介 ] [ フランス窓辺写真集 ] [ アールヌーボー ] [ グルメ・レストランなど ] [ フランスの色彩&雑貨 ] [ ナンシーで学ぼう ] [ プロフィール ] [ 日記 ] [ ヨーロッパ旅行 ] [ 京都旅行 ] [ ジャポニスム ] [ リンク ]

 

ナンシーの魅力-その2

「その1」に戻るのにココを(to Previous Page Click here!)クリックして下さい。

 ナンシーにはアールヌーヴォ-以外の建築も色々あります。 立派な教会やステンドグラスのキレイなもの等...

全てを紹介できませんが、小さい町ながらロレ-ヌ王国として、またかつて栄えた芸術の都という往年の魅力が感じられます。 

駅。初めてナンシーに到着した日も夕刻でした。
スタンドグラスの模様はクマのプーさんだと思って、
好感度大!(でも違った...)

駅の裏側。 ちょっとピンボケだけど、雲と空の色と
双子教会が幻想的...。

昼も捨てがたいスタニスラス広場の凱旋門。
 高らかなラッパの音が聞こえてきそうで誇らしげ。 

凱旋門の前の通り。両脇建物の上のチェスの
駒みたいな飾りは何でしょうか...?

旧市街の入り口にある半円形の広場。
古めかしくてイタリアっぽい...中は→

人も少なくて、なぜかここが一番好きな場所です。

かつての富豪のお屋敷。
ライトアップされた夜がキレイ。

町で一番古いこの門は、以前は牢屋になって
いたこともあるそうです。

 

見所は他にも一杯!窓辺の頁や、アールヌーヴォーの頁もぜひ見て下さいね。

「その1」に戻るのにココを(to Previous Page Click here!)クリックして下さい。

Home 上へ