[ Home ] [ ナンシー市紹介 ] [ フランス窓辺写真集 ] [ アールヌーボー ] [ グルメ・レストランなど ] [ フランスの色彩&雑貨 ] [ ナンシーで学ぼう ] [ プロフィール ] [ 日記 ] [ ヨーロッパ旅行 ] [ 京都旅行 ] [ ジャポニスム ] [ リンク ]

ナンシーに留学!遊学はいかが?

 もう一度学生に戻るって、なんとなくウキウキ...。世界各国の友人ができたり、映画館学割や学生食堂が使えたりと、学生の特権と自由感も味わえます。留学を検討している方のページです。

ナンシー市の図書館

館内の学習室は中世期の重々しい雰囲気。

ナンシー大学IIの映画科。

(詳しいことはよくわかりません。すみません...)

学食
当たり外れがあるけど安いです。学生に見られる自信のある方は挑戦してさい!

IZUIZUの友人、ナディアと。

ここはセルフサービスのフランチという店です。お野菜おかわり自由なので野菜不足の学生さんにお勧めです。

  「パリ派?ナンシー派?」 留学するのにパリにするか、地方都市にするか、迷うところですね。 IZUIZUは、東京出身で都会好きなので、ナンシーに不安があったけど、実際暮らしてみると、歩きまわれる美術館のような街でゆっくり生活するのもいいものだと思ってます。ここでナンシー派の意見を挙げますと、「ナンシーはパリに比べ清潔で、アパートの家賃も安くて見つかり易い」「パリは日本人が多すぎて日本の延長みたい」「ナンシー大学の授業料が他に比べ、リーゾナブル」 「パリには時々遊びにいけばいいわ」「ナンシーは夜中も割と安全に歩けるけどパリは絶対無理」等々です。

ナンシー大学II SIEE (2期制:10月〜1月末、 2月〜5月末.クラス分け試験あり。) ここの2002年2月からの講義に通いました。 フランス行きが11月にきまり、1月に来仏したので、日本では全くフランス語の経験がなかったのですが、イタリア語をやっていたので、初心者クラスの次に入りました。 クラスは初心者の1から最上級の6までです。(なんか最近こういうクラスじゃなくなったみたいですが不明です・・・)。 授業は週20時間と、月曜から金曜一日、5、6時間ほどで、週一回休みがありました。 初めは本当に何を言っているか分からなかったのですが、不思議に日に日になんとなく分かるようになっていきました。 宿題が結構でていましたが、真面目にこなしていたせいか、最後はフランス国家認定の仏語検定試験DELFのA1+A2(フランス語検定試験)に無事合格! そしてまたクラス3を続け、DELFA3&A4受かりました〜。(ちなみにナンシー大学Iは、理系です。) 入学するにあたっては、卒業証明書のフランス語訳、パスポートコピー、フランスでの健康保険加入証明などが必要と思いますが、詳しいことはナンシー大学のHPがあるようなので検索してみてくださいね。 IZUIZUはダンナにイヤイヤ入学させられたので自分で手続きしてないのでこれ以上のことはわかりません。。。。許してくださいSVP♪

公共施設は利用する価値大です。。。。レオポルド通りに、ポール・ヨーロピアンという視聴覚室があり、カセット等を使って各自でいろんな言語が自由に学べます。(語学学校ではありません。) 日本語を勉強してるフランス人学生と知り合いになったり、掲示板にいろいろ交換レッスンのお知らせがあるので目を通すといいと思います。その2階は、アメリカン・メディアテックです。(無料の英会話クラブがあります) その先のメディアティック(上記写真の図書館とは違います)では子供の絵本の階がとても充実して、一日あっという間にすぎてしまいそうです。

学生食堂。。。。レオポルド通りにあります。チケット制で、10回分で26ユーロで、サラダ、デザート、チーズ、果物、パン、メインディッシュと、付け合せの温野菜と、お安い割にかなり豪華です!

その他。。。。 ナンシーは有名な美術大学 ボザール学校や、ナンシー大学の映画コースもあったりしますが、やはりかなりフランス語ができてからではないと入学は難しそうです。 パティシィェになるために、パン屋さんで下働きしている学生さんもいますよ!

夏季コース。。。。ナンシーの語学学校は夏はナンシー大学IIの夏季コースとエコール・ド・ミンというちょっと離れたところでもありますが、それより詳しいことは不明です。。。(ごめんなさい!) 

                               

戻る Home 進む